炭火焼 鳥一(とりいち)@八幡東区中央町のパリパリに焼き上げられた鳥皮が最高なんです!

『Bar avancer』さんで美味しいカクテルを堪能し、続いて向かったのが中央町の老舗バー『カクテル102』さん。しかし店内は満席状態で、次はどうしようかとたどり着いたのが『炭火焼 活魚 鳥いち(鳥一)』さん@八幡東区中央町です。
鳥いち@八幡東区中央町 店舗外観

店先で目の前の中央町唯一のガールズバー?らしきものを眺めているところ、席空いてるよと優しく店内に迎えてもらえました。(感謝!)

スポンサーリンク

まずは店内のご紹介。

店内入って左手に厨房。それを囲むようにカウンター席が10席程度用意されています。また店内奥には、小上がりの4人掛けテーブル席(ちょっと狭め)が2卓完備されています。
カウンター席@炭火焼 鳥いち

『鳥いち(鳥一)』さん。常連さんがメチャ多く、店内を覗くとカウンター席はいつもいっぱいに埋まっており、中央町ではかなり賑わっている有名な焼鳥屋さんです。すでに21時をまわっていた事もあり数席空きがあった模様です。

カウンター前のネタケースにはメインの焼鳥のタネを始め、店内のメニューには無い鮮魚類・マツタケ・ステーキ肉なんかも並べられています。またネタケース上には大皿の料理なんかも用意され家庭的な雰囲気の感じの居酒屋さんですね。
ネタケース@炭火焼 鳥いち

メニューは店内壁面に掛けられている焼鳥メニューと値段不明の焼魚各種・刺身盛合せのみで、ドリンクメニューなんかは見当たりません。当日入荷したおススメ食材を使った料理をおまかせで出してくれるみたいな、昔ながらの手法をとられているのかもしれません。(これは通い詰めて常連にならないとわかりませんね!)
メニューの数々@炭火焼 鳥いち

まずは生ビールで乾杯です。
まずは生で乾杯!@炭火焼 鳥いち

しか~し『Bar avancer』さん終盤辺りからの記憶が全くありません。

唯一覚えているのが久しぶりに食べた「とり皮」です。ジューシーな感じをほんのり残しカリッと焼き上げられた「とり皮」これ中央町NO.1の仕上がりですね。
絶品鳥皮@炭火焼 鳥いち

おススメなので是非食してみてください。

続いて「トマト巻」。豚バラの甘みにトマトの甘みがさらに加わり、アッサリと食べれるのが嬉しい逸品です。これらは、長年焼き場を守っている○っちゃんの熟練の技ですね。まさに職人技です。
トマト巻&ピーマン@炭火焼 鳥いち 焼き場の○っちゃん@炭火焼 鳥いち

これは全く覚えていない「ポテとサラダ」です。どのタイミングで出てきたが不明(とりあえず写真が残っていました)
ポテトサラダ@炭火焼 鳥いち

焼酎のグラスなんかも写真に残っていたので間違いなく呑んだんでしょうね???

八幡東区中央町の人気店『鳥いち』さん。まだまだおススメ料理が目白押しのはずです。もうちょっと通っていろんな料理を堪能しないといけないですね。

次回の宿題は「鮮魚系」という事で、今日は終わりとします。

炭火焼 鳥いち@八幡東区中央町さんの店舗情報

炭火焼とり 活魚 鳥いち
〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-7-22
TEL:093-661-0820
営業時間:17:00-22:30ぐらい(大将曰く)
定休日:日曜・祝日
カウンター席:10席程度
テーブル席:8席(4人掛けx2卓)
炭火焼 鳥いちのネタケース

鳥一焼き鳥 / スペースワールド駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ