博多駅で昼飲み!まるとく食堂@博多のごはん処の「晩酌セット&ほろ酔いセット」で乾杯です!

「博多駅昼飲みほろ酔いツアー第四弾」も三軒目に突入です。ここで急遽前日の夜に参戦が決まった連れが合流。ココから酔っ払いオヤジ2人組での昼飲みスタートです。

三軒目で訪ねたお店は、博多のごはん処(博多デイトス地下1階)で営業されている
『博多三昧 まるとく食堂』さんです。(一番奥まった場所で営業されてます)
博多三昧 まるとく食堂@博多のごはん処

外観からは普通の定食屋さんしか見えません。店頭のショーケースにビールジョッキのオブジェはあるものの「晩酌セット」等のメニューは見当たりません。昼から飲めるのかちょっと不安でしたがとりあえず突入です!
店頭のショーケース@博多三昧 まるとく食堂 おすすめ定食メニュー@博多三昧 まるとく食堂

店内入ってすぐの右手にカウンター席が5席程度。さらに奥に進むと2~4人掛けのテーブル席がズラリ並んでいます。JR博多シティの公式ページでは総席数47席と紹介されています。
カウンター席@博多三昧 まるとく食堂 テーブル席@博多三昧 まるとく食堂

店内見渡しても皆さん定食を食べられている様子。昼飲みされているお客さんは皆無でした。

さあメニューをチェックしましょう(晩酌セットを探しましょう)。

何とメニューのトップに「ほろ酔いセット 1,000円」と「晩酌セット 1,500円」なるものが用意されているではないですか!(一応前情報では晩酌セットの存在を掴んでいたのですが、実際に見つけるまではちょいと不安でした)
晩酌セットメニュー@博多三昧 まるとく食堂

「ほろ酔いセット」は、選べるドリンクに、豆腐・枝豆・甘エビの唐揚げ。一方「晩酌セット」は、選べるドリンクに、旬の刺身3種・豆腐・枝豆・甘エビの唐揚げといった内容となっています。

ここで参上した連れは、ココが一軒目という事で「晩酌セット」。私めはすでに三軒目。ここは軽めに「ほろ酔いセット」をオーダーです。

しばし生ビールの到着まで他に酒のツマミがあるかチェックすると、いろいろ出てくるではないですか!お刺身に焼物・揚物・一品物と、ちょいとした居酒屋に負けず劣らずの品揃えに驚きです。
おつまみメニュー@博多三昧 まるとく食堂 お刺身メニュー@博多三昧 まるとく食堂
おすすめメニュー@博多三昧 まるとく食堂

スポンサーリンク

それでは乾杯!宴のスタートです。

そうしていると生ビールが登場。まずは乾杯です!
生ビールで乾杯@博多三昧 まるとく食堂

続いて「ほろ酔いセット」「晩酌セット」のおつまみに数々の登場です。
ほろ酔いセット@博多三昧 まるとく食堂 晩酌セット@博多三昧 まるとく食堂

えっ!もしかして内容が一緒?とか思ってると、よく見てください。左の写真が「ほろ酔いセット」のおつまみで、右が「晩酌セット」のものになります。

そうです!見ての通り「晩酌セット」には「お刺身」がついているんです。
旬の刺身三種@博多三昧 まるとく食堂

しかしお刺身は3切れのみ。これで500円の差というのは、お得なのかどうかというとちょっと微妙な感じです。(焼物のマグロカマ焼きが480円と考えると・・・)

そうしているともう一人の連れも合流。私めが2軒目で飲んでいた「博多レターレ」を探すのに手間取っていたとの事。合流ついでに調子に乗って生ビールお替りし、野郎3人での宴がスタートしました。

『まるとく食堂』さん。外観からは普通の定食屋さんにしか見えませんが、豊富なおつまみにを用意されているので、十分居酒屋さんとも使用する事が可能です。
店内のおつまみメニュー@博多三昧 まるとく食堂

生ビール(キリン一番搾り)が380円。焼酎(銘柄不明)が270円と普通の居酒屋さんと比べても、結構ドリンクの数々がリーズナブルなのも嬉しい限りです。
ドリンクメニュー@博多三昧 まるとく食堂

皆さんも定食屋さんのおつまみで一杯やってみては如何でしょうか?

今日はこれまで。(博多駅での宴はまだまだ続きます)

博多三昧 まるとく食堂@博多のごはん処の店舗情報

博多三昧 まるとく食堂
〒812-0012
福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス地下1階(博多のごはん処)
電話番号:092-471-0109
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
総席数:47席
おすすめメニュー@博多三昧 まるとく食堂

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ