斉藤酒店@八幡東区中央町にて角打ち修行!冷蔵ケースにズラリ並んだ料理の数々がいい感じです?

先月末に引き続き、ホームタウンの中央町に角打ち修行へと出陣してきました。訪ねたのは斉藤酒店のお隣(中ではつながっています)『居酒屋さいとう』さん@八幡東区中央町です。
斉藤酒店(居酒屋さいとう)@中央町

お隣の『喰わんか屋 中央町店』さんはよく利用させてもらっており、前々から気になっていた角打ち屋さんです。(名前に居酒屋と付いていますが・・・)

スポンサーリンク

それでは店内に入ります!

店舗入口@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

店内入ると目の前にL字型のカウンター席が10席ぐらいかな?立ち飲み屋さんと思っていましたが、しっかりと椅子が完備されていました。
椅子完備です@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

土曜日の16時48分。店内にはお客さんは誰もおらず、カウンター内の椅子にドスンと座られていたお母さんに「一杯飲めますか?」と声を掛けると「何飲まれますか?」との事だったので、迷わず瓶ビールをオーダー。銘柄はキリンとアサヒが選べるとの事で、キリンの大瓶をセレクトさせてもらいました。

まずは乾杯!ちょいと汗を流した後の一杯はたまりませんね!(翌々日にマラソン大会を控えているにもかかわらず余裕の晩酌です)
キリンラガーで乾杯@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

店内見渡してもオツマミが書かれたメニューらしきものは見つかりません。ところがカウンター席後ろにドカンと置かれた冷蔵ケースの中に小皿に分けられた料理がズラリと並んでいます。
小皿料理@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

料理名は書かれているのですが、値段は一切書かれていません。お母さんに聞くと値段は一律ではなく結構バラバラとの事。(まあこれは一種の冒険ですね!)

今回は冷蔵ケースから「白菜漬」と「さつま揚げ」をチョイス。すると奥(酒屋)からスルリと現れたお父さんが「さつま揚げ」をすかさずレンジで温めてくれました。(これは嬉しいサービスですね!)
白菜漬とさつま揚げ@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

店内見渡すとホークスのグッツがズラリ。昔々のダイエーホークス時代の物が多かったような・・・。私がメチャ弱い時にホークスのファンクラブに入っていた事を話したら、その話題でかなり盛り上がっちゃいました。
ホークスグッツ@斉藤酒店(居酒屋さいとう) HAWKSグッツ@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

今回の角打ち修行。瓶ビール大瓶2本と小皿料理2皿で締めて1,500円也。

居酒屋と銘打たれていますが、さすが角打ち、うっとりするような価格ですね!

これでまた中央町での私のレパートリーが広がっちゃいました。

これで終わりかと思いきや、帰り際に見えられた常連さんとの会話が楽しく、さらに大瓶1本を追加して長居しちゃいました。(結局2時間も居座ってしまいました)

年中無休。朝9時から夜10時30分までロングランで営業&中央町で椅子に座って飲める角打ち屋さん。皆さんも是非一度訪ねてみてください。

今日はこれまで。

斉藤酒店@八幡東区中央町の店舗情報

斉藤酒店(居酒屋さいとう)
〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-8-19 中央町グリーンマンション1F
電話番号:093-662-0122
営業時間:9:00~22:30
定休日:年中無休
店舗外観@斉藤酒店(居酒屋さいとう)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ