Muddy’s(マディーズ)洋@八幡西区黒崎~ブルース&焼酎バー?三度目の正直で入店できました!

飲み友の投稿で「ボタンアメ」や「しろくま」なんかの面白いお酒が飲めるバーがあるとの情報を入手し、早速Blues&Shyo-chu Bar『Muddy’s(マディーズ)洋』さん@八幡西区黒崎を訪ねてきました。
Muddy's(マディーズ)洋@黒崎

しかし一回目は開店前。二回目は満席。三回目の正直で入店する事ができました。

お店の場所は、黒崎三角公園からほど近い中央会館の一階部分。黒崎で有名なバー『shotbar WATER CLUB(ウォータークラブ)』さんが営業している同じビルになります。入口に置かれたオレンジの看板が目印なのでお見逃しなく。
入口の看板@Muddy's(マディーズ)洋 店舗入口@Muddy's(マディーズ)洋

スポンサーリンク

それでは店内に入ります!

入口付近にテーブル席。その先のカウンターに8席程度って感じでしょうか?照明を落とした落ち着きのある空間ながら、訪問時はチェッカーズのPVビデオが上映中(私らの年代にとってはかなり懐かしい)と、初訪問だったのですが、何となく気軽に飲める雰囲気が漂っていました。
テーブル席@Muddy's(マディーズ)洋 カウンター席@Muddy's(マディーズ)洋

カウンター内の壁面には一升瓶がズラリ並び、ショットバーとかとはまた違った雰囲気を醸し出しています。(酔っ払いオヤジはこっちの方が落ち着くかな)
ボトルの数々@Muddy's(マディーズ)洋

コチラドリンクメニューはありません。銘柄を自身で指定するか、マスターに好みを伝えてチョイスしてもらうスタイルとなっています。

まずは「古式にごり(芋:さつま無双@鹿児島)」&「ボンタンアメのお酒」からスタート。お願いして焼酎が苦手な嫁にボンタンアメのお酒をオーダーしてもらいました。私めは「芋臭い奴」とか言ってチョイスしてもらったような・・・。
ボンタンアメのお酒@Muddy's(マディーズ)洋 古式にごりで乾杯@Muddy's(マディーズ)洋

ボンタンアメのお酒って、ボンタンアメそのままですね。甘めのミカン果実酒って感じだったので、お酒が苦手な方にいいかもしれませんね。

途中こんがり焼き上げた「めざし」が登場!コレ焼酎のアテに抜群ですね!
めざし@Muddy's(マディーズ)洋

二杯目は「甑州(そしゅう) 芋:吉永酒造場@鹿児島県」&「天文館むじゃきのしろくまのお酒」をチョイス。天文館むじゃきのしろくま(白熊)といえば、鹿児島名物スイーツですよね!それがお酒になるとは飲まない訳にはいかないですよね!
しろくまのお酒@Muddy's(マディーズ)洋 甑州で乾杯@Muddy's(マディーズ)洋

天文館むじゃきのしろくまのお酒ですが、これメチャクチャ甘いです!(練乳の味?)まあ怖いもの見たさでチャレンジしてみてください。かなりの人気商品みたいで、結構手に入りにくいとの噂もあります(笑)

興味のある方は、是非この二本を飲み比べてみてください!
しろくま&ボンタンアメ@Muddy's(マディーズ)洋

今回20時のオープン直後に飛び込み貸し切り状態。本当にゆったりとした時間を過ごさせてもらいました。初めての訪問だったにもかかわらず、ここまでくつろげた(もう何度も通った常連みたいな気分になっちゃいました)のも、マスターの素敵な人柄のおかげって感じです。

21時を過ぎると続々とお客さんが増え始め、焼酎二杯を飲み干した所で撤収。

撤収前に食べていってくださいと、締めに「豚汁」が登場。実はコレ私めの大好物。タップリ投入された具材の数々&優しい味付けが最高の「豚汁」でした。
締めの豚汁@Muddy's(マディーズ)洋

いやー、久しぶりに素敵な(焼酎)バーに巡り合えました!

普段と違った珍しい焼酎を好む人には最高のお店ですね。

焼酎以外のお酒も用意されていますので、是非足を運んでみてください。

今日はこれまで。

Muddy’s 洋@八幡西区黒崎の店舗情報

Muddy’s(マディーズ)洋

〒806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-22 中央会館ビル1F
電話番号:093-645-2369 
営業時間:20:00~翌3:00(未確認)
定休日:未確認
フードメニュー@Muddy's(マディーズ)洋
帰り際にフードメニューを発見しました。壁に掛けられた黒板メニューがあるのでチェックしてみてください!(鯖の冷燻とかそそられますよね!)

スポンサーリンク

Facebookアカウントでコメントする!

コメントを残す

このページの先頭へ