黒崎唐揚げ専門店 からあげ韋駄天にてからあげフルコースを食してきました!【八幡西区黒崎】

第6回がんばる黒崎はしご酒大会を終え、参加心得の「景品をもらったら元気よく二次会へ繰り出そう!」に忠実に従い(当たり前ですよね!)はしご酒大会の反省会で訪ねたのは黒崎唐揚げ専門店『からあげ韋駄天』さんです。
からあげ韋駄天 店舗外観

黒崎駅方面から約5分程度。新天街を真っ直ぐ進み、2つ目の十字路を過ぎた先の右手になります。からあげ韋駄天の赤提灯が目印ですね。

スポンサーリンク

それでは店内に入ります!

店内入ると左手に和の雰囲気のある豪華な一枚板のカウンターに6席。店内奥には4人掛けのテーブル席が2卓の座敷スペースも完備されています。(10名程度の宴会であれば個室感覚で使用可能です!)
店内奥の座敷テーブル@からあげ韋駄天

はしご酒大会でビールは呑んできたので、いきなり焼酎のボトルの登場。家庭的な突き出し(当日は煮込みかな?)と共にがんばる黒崎はしご酒大会の反省会のスタートです。
黒霧島ボトル@からあげ韋駄天 当日の突き出し@からあげ韋駄天

今回の目的は「からあげフルコース」を堪能することです。
唐揚げメニュー@からあげ韋駄天

からあげメニュー右から左まで全部と大人食いといきたかったのですが・・・先輩のストップもかかり「せせりの唐揚げ」「若鶏の唐揚げ」「なんこつの唐揚げ」「鳥皮ギョーザ」の4種類のからあげ類と、韋駄天と言ったら忘れてはいけない「ぱりぱりサラダ」をオーダーです。

まずは「ぱりぱりサラダ」の登場です。
ぱりぱりサラダ@からあげ韋駄天

この「ぱりぱりサラダ」のどこが凄いかといいますと、上に載せてあるポトテですがまさに手作り。店内でジャガイモを千切りにし、目の前で揚げて熱々で登場するんです。軽く塩が振りかけられており、このポトテをツマミに呑むのが私の定番となっています。もちろんポテトが無くなると、野菜サラダとしても楽しめる逸品です。

続いて「若鶏の唐揚げ」の登場。衣がカリッと揚げられており、見た目からでも美味しいのが分かります。
若鶏の唐揚げ@からあげ韋駄天

おっとここで共食い?発生。

どっちのお肉が唐揚げか分かりませんが、石ちゃんばり(最近テレビで見ないな???)の体格の連れが豪快にかぶり付いています。これぞまさしく共食いと思いきや若鶏なのでチョイ違いましたね。
共食い???@からあげ韋駄天

下味がしっかり染みこませてあり、何も付けずにガブリといけます。ちょっとレモンを垂らしてアクセントを付けるのも美味しいかもしれませんね。

続いて「なんこつの唐揚げ」「せせりの唐揚げ」です。
なんこつの唐揚げ@からあげ韋駄天 せせりの唐揚げ@からあげ韋駄天

最近ダイエットと称し油物はほとんど食べてなかったので、なんこつ・せせりが美味しい事。焼酎のツマミにもってこいの逸品ですね。

鳥皮ギョーザ@からあげ韋駄天

締めは「骨付きモモの唐揚げ」です。と言いたかった所ですが、こちらはお持ち帰りのお客さんの分のです「骨付きモモの唐揚げ」です。しっかり油で揚げた後で特製のタレに漬け込みます。それで終わらず、仕上げに表面を炙ることであのカリッと感を演出しているんですね。
骨付きモモの唐揚げ@からあげ韋駄天

クリスマスの時のチキンにもおススメ(一昨年・その前の年と連続で食した記憶が)の「骨付きモモの唐揚げ」。豪快にガブリついて食べたい逸品ですね。

からあげのフルコース類に負けず劣らず、ドリンクメニューもリーズナブルなんです。焼酎(黒霧島・いいちこ・二階堂)300円/杯って黒崎の居酒屋最安値ではないでしょうか?
ドリンクメニュー@からあげ韋駄天

黒崎の街で美味しい唐揚げを食べるなら「からあげ韋駄天」。

是非一度足を運んでみてください。

今日はこれまで。

黒崎唐揚げ専門店『からあげ韋駄天』@黒崎さんの店舗情報

黒崎唐揚げ専門店『からあげ韋駄天』
〒806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎2-9-4
電話番号:093-642-7727
営業時間:17:00-24:00
店休日:日曜日(予約があれば営業されます)
席数:カウンター6席 座敷テーブル席8席(4人掛け2卓)
http://www.izakaya-idaten.com/
激旨唐揚げ@からあげ韋駄天

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ