担々たぬき らーめんKIWAMI@八幡西区黒崎地区(藤田)もう締めはとんこつじゃありません!

黒崎の街の中心部からちょっと離れた場所に位置する、この北九州でとんこつラーメンではなく、担々麺を前面に打ち出し勝負している黒崎のラーメン(担々麺)屋さん『担々たぬき らーめんKIWAMI』@黒崎さんを訪ねてきました。
担々たぬき らーめんKIWAMI外観

場所は、JR黒崎駅から徒歩7~8分といったとこでしょうか?元光陽軒(パンダらーめん)があった跡地になります。(もうオープンして1年半ぐらいたってますが)
店頭のメニュー@らーめんKIWAMI

スポンサーリンク

それでは店内のご案内!

結構狭めの店内に横一線のカウンター席が10席といたってシンプルな店内です。左右に入口がありますので両方から中を覗いて空き具合を確認してください。左側にはカウンター内にテレビが設置されたVIP席となっています。(笑)
カウンター席@らーめんKIWAMI

それではメニューを見ていきましょう。

やはり人気NO.1メニューは「担々麺 700円」ですね。

辛いのが好きな方や苦手な方にも考慮して、1辛~5辛まで辛さを調節する事ができるのも人気商品の由縁なんでしょうね。食べ終わったスープにご飯を投入しての担々雑炊もおススメです!
メニュー表@らーめんKIWAMI

またこれからの暑い時期におススメなのが「汁なし担々麺」です。山椒が効いてちょっとピリ辛ですが、ヒイヒイ言いながらでもツルッと食べれる担々麺です。

『らーめんKIWAMI』さんの最大の特徴はサイドメニューの豊富さです。

大将は、担々麺や麻婆豆腐・エビチリを日本に広めた四川料理の神様、陳建民氏の赤坂四川飯店で修行した元中華料理人。それでこんなにいろんなメニューを提供できる事が出来たんですね。納得です。
おつまみの数々@らーめんKIWAMI

まあ、前置きはこれぐらいにして「担々麺」をオーダーです。もちろん辛さは3辛。ちょっと辛いのは苦手なんですが、この担々麺は別なんですよね!
担々麺@らーめんKIWAMI

具材はそぼろ肉にチンゲン菜といたってシンプル。
担々麺の具材@らーめんKIWAMI

石臼挽き小麦粉を使用しているというこだわりの自家製ちぢれ麺(中太)がまたまたスープによく絡み美味しいんですよね。
担々麺のちぢれ麺@らーめんKIWAMI

すでに4軒のお店で飲み喰いして、5軒目としての訪問でしたがツルッと完食してしまいました。(恐るべしらーめんKIWAMIのスペシャル担々麺)

狸みたいなやさしい大将が迎えてくれる『担々たぬき らーめんKIWAMI』。もう呑んだ後の締めはもうトンコツらーめんではありません「担々麺」です。是非一度「担々麺」を味わってみて下さい。確実にハマリます。(褒めすぎかな?)
狸みたいな大将@らーめんKIWAMI

今日はこれまで。

担々たぬき らーめんKIWAMI@黒崎の店舗情報

担々たぬき らーめんKIWAMI(きわみ)
〒806-0022
福岡県北九州市八幡西区藤田3-5-7
TEL:080-3539-9114
営業時間:昼11:45~14:00 夜21:30~翌3:00(日曜夜は24:00閉店)
定休日:月曜夜
詳しくは、HPでご確認くださいませ
http://www.nowmaga.jp/m/tanuki/
店舗入口@らーめんKIWAMI営業案内@らーめんKIWAMI

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ