大江戸温泉物語 長崎ホテル清風に遠征~世界新三大夜景をツマミに乾杯のはずだったのですが…

2017年4月29日にリニューアルオープンした、稲佐山の中腹に立地し、世界新三大夜景(モナコ・香港・長崎)を眼下に見渡す事ができる、眺望自慢の絶景宿『大江戸温泉物語 長崎ホテル清風』さんにお邪魔してきました。
大江戸温泉物語 長崎ホテル清風

今回大規模なリニューアルを行い、レストラン・大浴場・展望露天風呂が一新されたの事。稲佐山の中腹に立地している事から、長崎の夜景をすべての客室・レストラン・大浴場・ロビー・フロントから堪能する事が出来るとの触れ込みでした。

まずは素敵な入口がお出迎え。駐車場は先着順。敷地内が満車の場合は、車で1分程度の第二駐車場に案内されます。そこまでは送迎車が用意されていますのでご安心を!

館内に入ると、かなりビックサイズの長崎らしい南蛮屏風がドカンと目に飛び込んできます。コレは期待感が膨らみますね。
入口の南蛮屏風@長崎ホテル清風

それでは、一階から一気にエスカレータで三階のフロントへ向かいましょう。
エスカレータ@長崎ホテル清風

かなり解放感のあるモダンな感じのフロント。併設の休憩スペースの窓からは、素晴らしい長崎港を一望する事ができます。(これは夜が楽しみですね!)
フロント@長崎ホテル清風 フロントからの長崎港@長崎ホテル清風

スポンサーリンク

それではお部屋へご案内!

今回宿泊したのは1906号室。リニューアルオープン前から予約していた事もあり、11階建ての9階エリアと絶好の部屋をあてがってもらったようです。(客室は10階までで、11階が展望風呂となっています)
1906号室@長崎ホテル清風 館内ご案内@長崎ホテル清風

こちらがそのお部屋になります。手前にセミダブルのベットが2個。奥には和室があり、こちらに布団を敷く事で4名まで宿泊可能な部屋でした。館内はリニューアルされたみたいですが、お部屋まではお金が回ってないみたいですね(笑)
部屋全景@長崎ホテル清風 

こちらが部屋からの風景になります。長崎港から三菱長崎造船所方面まで一望する事が可能となっています。手前の方は普通の民家がズラリ並んでいますので、あまり見ないようにしましょう。
部屋からの長崎港@長崎ホテル清風

ひとっ風呂浴びたところでお食事タイムの到来です!

食事はバイキング形式という事で、チェックイン時に時間を指定する事ができます。17時から19時間の30分単位でスタート時刻を選択する事が可能だったみたいですが、時間によってはすでに埋まっていましたので、好みの時間があるのであれば、早めのチェックインがおすすめかもです。

食事会場は4階の「Restaurant monochrome」。受付に早く着いた順に席に案内されます。っという事は、窓際の夜景が拝める席も先着順となります。予約している時間のちょい前に到着する事で、窓際をゲットできるチャンスが増えるかもしれませんね。
レストラン@長崎ホテル清風

今回10名の団体だった事もあり、窓際の席は空いていないとの事で、団体客でも利用可能なホール席へと案内されました。窓はあるのですが、残念ながら外の景色を拝む事はできませんでした。
レストラン大ホール@長崎ホテル清風

まずは席に着くなりビールをオーダー。もちろん別料金になります。
ドリンクメニュー@長崎ホテル清風

生ビールが580円だったら、まあ良心価格と思っていましたが、ジョッキがかなりのスリムタイプ。間違いなくピッチャー1,690円をオーダーしておきましょう(笑)
生ビールで乾杯@長崎ホテル清風

それではお待ちかねのバイキング料理のご紹介です!

今回オープン記念メニューとして6月30日までは豪華ローストビーフが登場。さらにライブキッチンでは、焼きたてレモンステーキ、揚げたて天ぷらや唐揚げ、長崎名物ちゃんぽん等が出来立てで食べ放題となっていました。
バイキング会場@長崎ホテル清風

まずはフロア中央に陣取って、コックさんが切り分けていたリニューアルオープン記念の「豪華ローストビーフ」をゲット。全然並んでいなかったような…
ローストビーフ@長崎ホテル清風

続いてライブキッチンで調理されていた焼きたて「レモンステーキ」をゲット。これ佐世保名物ですね。初体験でしたが、やはり鉄板でいただかないといけないですね。
レモンステーキ@長崎ホテル清風

さらに「海軍ビーフシチュー」と、長崎名物を次々とゲットさせてもらいまたした。
海軍ビーフシチュー@長崎ホテル清風

長崎名物のひとつ「トルコライス」はと言いますと、ピラフ・カツ・ナポリタンが、それぞれ別々に用意されているのを自分の好みで盛り付けるタイプでした。(後から気付いたのですが、知らずにカツのみ喰らっていました)
トルコライスコーナー@長崎ホテル清風

その他、シュウマイ・角煮まんじゅう・はとし・麻婆豆腐等の中華類になります。取るのはよかったのですが、全部平らげるのにはかなり苦労しました。
角煮まんじゅうその他@長崎ホテル清風

これでひと通り長崎名物は喰いつくしたかな?
サラダコーナー@長崎ホテル清風

おっと忘れていました、長崎名物のチャンポンです。

ライブキッチンで調理されており、ちょいと期待していたのですが、これはちょいと期待外れだったかな?まあ長崎で一番美味しいであろう「リンガーハット」のチャンポンを食す事をおススメします(笑)
ライブキッチン@長崎ホテル清風 長崎チャンポン@長崎ホテル清風

食後のデザートも充実。プリン・ゼリー・フルーツ・ケーキと種類もメチャ豊富。
プリン・ゼリーコーナー@長崎ホテル清風 ケーキコーナー@長崎ホテル清風

さらに「ハーゲンダッツ」のアイスクリームも食べ放題って凄いサービスでした。
アイスコーナー@長崎ホテル清風

よくよく考えたら、夜景をツマミに乾杯するのが今回の旅の目的のひとつだったのですが、今回の食事スタートが17時30分。結構頑張って20時近くまで飲んでいたのですが、外はまだまだこれからって感じの明るさでした。
まだまだ明るい@長崎ホテル清風

こんな夜景を拝みながら飲みたいのであれば、一番遅い時間の食事スタートを押さえましょう。特に日が沈むのが遅い夏場は要注意ですね(悲)
ホテルからの夜景@長崎ホテル清風

今日はこれまで。

大江戸温泉物語 長崎ホテル清風の店舗情報

大江戸温泉物語 長崎ホテル清風
〒852-8005
長崎県長崎市大鳥町523
電話番号:095-861-8180
総客室・宿泊人数:100室(洋室・和室・和洋室)491名
URL:http://nagasaki.ooedoonsen.jp/
マンガコーナーあります@長崎ホテル清風

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ