王府(わんふ)で大分名物ニラブタ&ニラチャンを喰らう!多くのお客さんで賑わう超人気店です。

大分吞みまくりツアー2017の二日目。とりあえず『すし将軍 中央町店』さんでウォーミングアップ終了。場所を高城駅に移し訪ねたのは『王府(わんふ)』さん@大分市高松東です。
王府(わんふ)@大分市高松東

何やら大分名物の「にら豚」が食せるとの事で遠征してまいりました。「にら豚」って、全国有数の「にら」の産地である大分市発祥のメニューみたいですね。

最寄り駅の高城駅から徒歩で7分程度だったかな?新日鉄住金大分製鉄所のお膝元のエリアみたいですね。(昔は飲み屋の数が凄かったらしい・・・)
高城駅に移動

13時を廻ったランチタイムも終盤戦という時間に到着したのですが、店舗前と通りを挟んだ結構広めの駐車場も満車状態。これはかなりの人気店みたいですね。
駐車場の看板@王府(わんふ) 駐車場多数@王府(わんふ)

それでは店内に突入します!

店内入ると案の定満席状態。入口付近の壁面に並べられた椅子には待ち客が多数。せっかく来たので順番待ちの用紙に記入し、席が空くのを待つことにしました。
順番待ちの用紙@王府(わんふ) 待ち客多数@王府(わんふ)

店内の壁面には「にらは大分市の特産物です」「大分発祥のにら豚を盛り上げよう!」と市を挙げて「にら豚」を推しているみたいですね。
にら豚あります@王府(わんふ)

待っている間にメニューをチェック。大分名物の「ニラブタ」と「ニラチャン」がツートップみたいですね。その他、中華メニューもズラリ並んでいました。
ツートップメニュー@王府(わんふ) おすすめメニュー@王府(わんふ)
一品料理メニュー@王府(わんふ)

待つ事10分程度。テーブル席に案内されました。(円卓で相席もあるみたいです)
店内の様子@王府(わんふ)

まずは生ビールで乾杯!
生ビールで乾杯@王府(わんふ)

とりあえず喉を潤しますと思いきや、それとほぼ同時に「ニラチャン」が登場。提供スピードが生ビールとほぼ同じって、一体どうやって作っているんでしょうね!
ニラチャン@王府(わんふ)

こちらの料理は王府が発祥との事。「ニラチャン」って「ニラチャンポン」の略称なのかな?具材はいたってシンプル。大量のニラと豚バラ・温泉卵が投入されています。

麺は中太の縮れ麺。醤油味のスープで脂ベットリ系かと思いきや、かなりあっさりスルッと食べる事ができました。チャンポンって言うより、台湾ラーメンに近い感じでしょうか?(ちょいと違うか)まあ、これは一度食べた方がいいですね。
中華麺@王府(わんふ)

さらに一分もかからず「ニラブタ」が登場。具材はメインのニラにキャベツ・豚肉と、超シンプルな炒めものです。
ニラブタ@王府(わんふ)

醤油ベースの甘辛い味付と思いきや、後からピリ辛風味が襲ってきます。これはビールのアテに最高の仕上がりですね。
野菜たっぷりのニラブタ@王府(わんふ)

一番時間がかかったのが「焼餃子」。まあこれはいたって普通でした。
焼き餃子@王府(わんふ)

何でこんなに提供スピードが早いのかと厨房を眺めてみると、びっくりするぐら多くの料理人が鍋を振っているではないですか!

また周りのテーブルを眺めてみると、ほぼ「ニラブタ」が・・・。

お客さんが席に着くと「ニラブタ」を自動的に作り始めるのか?または注文を受けてからでなく、常時作り続けられているのか?

ご存知の方いらっしゃいましたらご教示願います。

高城駅までの帰り道、テレビ番組の「ナニコレ珍百景」でも紹介された、凄い数の室外機が並ぶ建物を拝んできました。これも是非チェックしてみてください。
ナニコレ珍百景@王府(わんふ)

今日はこれまで。

王府(わんふ)@大分市高松東の店舗情報

王府(わんふ)
〒870-0916
大分市高松東1-3-1
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
電話番号:097-558-3044
定休日:火曜日
駐車場:多数有
営業案内@王府(わんふ)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ