料亭 金鍋(きんなべ)@北九州市若松区~老舗の料亭で本物の金鍋を用いて一献いただきました!

料亭の名の付くお店にいったのは、もう何年振りであろう。(もう10数年も前のちょっとバブリーが下降気味だった時以来かな・・・もう思い出せない!)

今回ご縁あって、北九州市若松区の老舗料亭『金鍋』さんを訪ねてきました。
料亭 金鍋 店舗外観

明治五年創業の歴史あるお店で、九州発の牛鍋屋『金鍋』として小倉港付近に開業。その後戸畑へ移り、また明治二十八年には現在の若松に場所を移し、料亭として創業されたとの事。明治時代に建造された料亭本館は、平成十六年に国の有形文化財に登録された風情ある歴史的建築物でも有名みたいですね。
料亭 金鍋 入口前のオブジェ料亭 金鍋 入口付近

今回「会席料理+飲み物」の宴会コースだったような。いつも利用している居酒屋メニューとは、ひと味もふた味も違った料理の数々が登場しました。

スポンサーリンク

それでは宴会スタート!

準備されていた先付・前菜です。ビールグラスがちょっと小ぶりで可愛いいです。
先付&前菜@料亭 金鍋

続いてドカーンと登場した刺し身の盛り合わせです。伊勢海老にサバ・クエ・イカと活き造りがテンコ盛りでした。それも全て仲居さんがよそってくれるという超VIP待遇です。(庶民なので全ての出来事に驚いてしまいました)
刺身盛り合わせ@料亭 金鍋

料理で完璧に覚えているのはココぐらいまでかな?その後、いろんな料理の数々が運ばれてきました。(呑んでばかりで、ほとんど口にしていないような・・・)
お吸い物@料亭 金鍋鮎の塩焼き@料亭 金鍋カルパッチョ@料亭 金鍋陶板焼き@料亭 金鍋伊勢海老の味噌汁@料亭 金鍋デザート@料亭 金鍋

また程好くビールで酔っ払った時に、「魔王」の一升瓶の登場です。魔王の一升瓶@料亭 金鍋

ネット上では1万円ちょっとで出回っているみたいですが、ここではその倍以上のお値段。気分的にも美味しく呑ませていただきました。(感謝!)

そうしていると女将さんが何やら年季の入った木箱を持って登場。そうなんです。これぞ『金鍋』さんの名物、本物の「金の鍋」が登場です。
金の鍋@料亭 金鍋

この金の鍋、大正時代に八つ造って実際に鍋として使用していたのだが戦時中の金属供出で全て失ったとの事。しかし終戦後に日銀幹部が一つだけ持っていたものを発見。それを買い戻したんだそうな・・・

手に取るとズシリと重みを感じます。この金の鍋にお酒を注いで貰い呑む事が出来るんです。ちょっと熱めの熱燗が金の効果?でまろやか&超飲み易いお酒に変身します。熱燗2本をタップリ注いでもらい、願いを込めて飲み干します。

途中仲居さんたちが、優しくフーフーと冷ましてくれる一面も・・・。
仲居さんが冷ましてくれます@料亭 金鍋

わたしも調子にのって、いっぱいだけいただきました。(超お宝画像です)
金の鍋で一献@料亭 金鍋願いを込めて飲み干します@料亭 金鍋

いやー!短い時間ではありましたが、金の鍋の登場や仲居さんの心温まるサービスで本当に楽しく呑ませていただきました。

ちょっと場違い気味場所での宴会でしたが、嫌な顔せず温かくご対応いただき本当にありがとうございました。(感謝感激です!)
部屋に飾られた花@料亭 金鍋部屋の掛け軸@料亭 金鍋歴史を感じる廊下@料亭 金鍋金の兜?@料亭 金鍋

さすが老舗の料亭『金鍋』さん。最高のおもてなしでした。

またいつか訪問できるように、日々精進していきたいと思います。

今日はこれまで。

 

料亭 金鍋@北九州市若松区さんの店舗情報

料亭 金鍋
〒808-0034
福岡県北九州市若松区本町2-4-22
TEL:093-761-4531
営業時間:昼の部11:00-15:00 夜の部17:00-22:00
定休日:不定休
http://www.kinnabe.com/
今回の料理の数々@料亭 金鍋

金鍋懐石・会席料理 / 若松駅

夜総合点★★★★ 4.4

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ