女性には大将特製スペシャル丼が登場?八幡駅近くの居酒屋『活魚料理 鳥勝』【八幡東区西本町】

JR八幡駅近辺@八幡東区で東京からのお客さんと何処に呑みに行こうかと悩んだ結果、半おまかせみたいな感じで魚料理を中心にいろんな料理が楽しめる『活魚料理 鳥勝(とりかつ)』さんを訪ねてきました。
活魚料理 鳥勝(とりかつ)外観

場所はちょっと説明しずらいのですが・・・。

JR八幡駅からバス通りまで出て右折。老舗のお寿司屋さん「よしたけ」さんの道路を挟んだ真向いの路地を10メートルばかし入った所になります。JR八幡駅を背にして右45度方面。5分程度で到着できるぐらいの場所で営業されています。

店内入って目の前にカウンター席。右手には小上がりのテーブル席も完備されています。親子2代に渡って営業されている老舗の割烹or小料理屋って雰囲気のある居酒屋さんです。
小上がりのテーブル席@活魚料理 鳥勝

いつも常連さんを中心にお客さんで賑わっているので、なかなかカウンターに座れないのですが、当日まさかの一番客。特等席のカウンターど真ん中に陣取り宴をスタートさせました。

初めての方だとメニューは何処?となると思います。『鳥勝』さん。テーブル上にメニューは用意されていません。テーブル席壁面の白板に書かれていますのでご注意ください。(ドリンクは、焼酎キープの価格しか書かれていないのが結構笑いです!)
壁面のメニュー@活魚料理 鳥勝 メインメニュー@活魚料理 鳥勝

しかしこれが全てではないんです!

入口付近の生け簀(水槽?)やネタケースには大将おススメの品がいろいろ隠れています。(当日は、いつも見ない石鯛がゆうゆうと泳いでいました!)
水槽には石鯛が!@活魚料理 鳥勝

「今日のおススメは?」って感じでいろんな料理が出てくるのが嬉しいんですよね。そんな粋な使い方ができるのが『鳥勝』さんの良い所なんです。(まだその域に至ってませんが・・・

当日出てきた料理の数々です。(連れが適当に好きなものをオーダーしてくれました)どれも手作りにこだわったこだわりの逸品ですね!
名物ゴマサバ@活魚料理 鳥勝 本日の煮物@活魚料理 鳥勝

サバの刺身@活魚料理 鳥勝 本日のサラダ@活魚料理 鳥勝

何といっても大迫力の一押しは「鮭の皮」です。刺身なんかも魚料理も美味しいのですが酒のツマミにはこれが一番なんです。

カリカリに香ばしく焼かれた皮の食感が最高で、所々にきもち残った身がこれまた美味しいんですよね。これ酒飲みにはたまらない逸品ですので、まず最初に頼むのを忘れないように要注意です!
鮭の皮@活魚料理 鳥勝 鮭の皮アップ@活魚料理 鳥勝

宴の途中で勉強会を終えた先輩から電話が・・・

「今から2人行くけんヨロシク!」のひと言。

しばしすると何と女性を伴って到着。席をテーブルに移して2次会のスタートです。「コロッケ」「串カツ」なんかの揚げ物もカリッとサクッといい感じです。
コロッケ@活魚料理 鳥勝 串カツ@活魚料理 鳥勝

ゲソの天ぷら@活魚料理 鳥勝 何だコレは?@活魚料理 鳥勝

豚足@活魚料理 鳥勝 生シラス@活魚料理 鳥勝

またこの女性あんまり飲めないと大将に伝えると「美味しい海鮮丼でも造りましょうか?」と気合十分だったので大将スペシャル丼を頼んだ所、こんなとんでもないスペシャルな丼が登場しました。
女性用スペシャル海鮮丼@活魚料理 鳥勝

これまで見た事ない「海鮮スープ丼」です!

いったい何種類の具材が投入されているのでしょうか???

カワイイ女性にはメチャ優しいです。多分いい具材を大量に投入し女性の気を引こうという作戦なんでしょう(笑)

うーん!これはメチャ美味しそうです。私も次回コレを食べてみないといけないですね。(多分男性用はもっと貧弱になっているでしょうが・・・)

JR八幡駅近辺@八幡東区で美味しいお酒におつまみを望むであれば、『鳥勝』さん間違いありません。家庭的な雰囲気の中、ゆっくりと楽しく呑めると思いますよ。是非足を運んでみてください。

今日はこれまで。

活魚料理 鳥勝@八幡駅前さんの店舗情報

活魚料理 鳥勝(とりかつ)
〒805-0061
福岡県北九州市八幡東区西本町3-3-6
TEL:093-661-1420
営業時間:17:30-23:30(料理O.S.22:30)
定休日:日曜日・月曜日の祝日
カウンター席:10席
テーブル席:12席(3卓)
2階に宴会スペースを完備
ゴマサバ最高@活魚料理 鳥勝 おススメメニュー@活魚料理 鳥勝

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ