最近「資チャレ」に励んでばかりですが、たまには他店のうどんも食べています。今回は、資さん佐賀進出における最大のライバル「牧のうどん 三川内店」さん@佐世保にお邪魔してまいりました。(まあ、敵情視察って感じです。笑)
牧のうどん 三川内店

お店の場所ですが、西九州自動車道「三川内IC」から程近い、佐世保市内から有田・武雄に抜ける幹線道路沿い。駐車場がちょいと狭く、店内がいっぱいになる前に駐車場が満杯となってしまいます。ですので、駐車場を制すれば混雑しているように見えても、すぐに食べれる事間違いナシって感じです。

〒859-3151 長崎県佐世保市三川内本町47-1
電話番号:0956-30-7311
営業時間:10:00~22:30
定休日:水曜日
駐車場:完備

スポンサーリンク

牧のうどんの特徴を考える!

・本店(糸島)からスープを配送できるエリアにのみ出店
・佐賀、福岡エリアを中心に18店舗(本当かな?)
・マッキーの相性で親しまれている
・自家製麺は店内で製麺
・スープを吸って膨張する独特の麺
・軟めん、中めん、硬めんから麺の茹で具合を選択可能
・ネギ入れ放題
・追いスープが可能なやかん完備(追いスープ可能)
・うどんの替え玉が可能(ラーメン店では定番ですが)
・豊富なトッピングメニュー(組み合わせは無数に存在)
・おばちゃんパワー炸裂の店内
・お昼時の店内はまさに戦争(厨房はもっと凄い)
・小上がりの座敷席が充実(家族向けに優しい)
・カレーうどんに小ごはんが標準装備(コレどうでもいいか!)

麺の固さが選べます@牧のうどん

お盆期間の12時頃訪問で店内大盛況

実は「伊万里ちゃんぽん」にフラれて近くの「牧のうどん」を訪問。到着はすでにお昼の12時で、駐車場は満車状態の中、何とか車を停める事ができ店内に突入。待つ事もなく座敷のテーブル席へと案内されました。

やはり「駐車場」を制する事ができれば「牧のうどん三川内店」では席に困る事はない!ですな。

スポンサーリンク

オーダーしたのは「肉うどん+コロッケ」

数あるメニューの中からチョイスしたのが、マイNO.1の組み合わせ「肉うどん+コロッケ」でございます。
オーダー表@牧のうどん 三川内店

この注文票だけだと何をオーダーするか迷いますよね。おすすめメニューがテーブルに配置されていますのでご安心ください。
肉系メニュー@牧のうどん 三川内店 トッピングメニュー@牧のうどん 三川内店

また他の組み合わせをご要望の方は、壁面に掲げられているメニューを参考にオーダーしてください。(これが各テーブルに配備されていればいいんですが)
人気トッピングメニュー@牧のうどん 三川内店

店内ほぼ満席状態でごった返している中、オーダーから約5分で着丼となりました。(これはおばちゃん達の神業でなせる技!これぞ仕事人って感じです)
肉うどん+コロッケ@牧のうどん 三川内店

肉うどん+ゴボ天@牧のうどん 三川内店 コロッケうどん@牧のうどん 三川内店

それでは実食!

まずはお決まりのネギ投入!ネギ好きの私めは山盛り投入です。
ネギ山盛り@牧のうどん 三川内店 ネギ無料@牧のうどん 三川内店

それでは勝負開始。モチモチ感のある麺。スープを吸ってからなのか太麺タイプです。
モチモチ麺@牧のうどん

麺と共にコロッケもスープを吸ってプニュプニュ状態。(これが美味しいんですよね)
肉うどん+コロッケアップ@牧のうどん

スープが少なくなっても安心。うどんと共に登場したやかんから熱々のスープを投入する事が可能なシステムとなっています。
スープが入ったやかん@牧のうどん

全てを食べてしまった後のお楽しみ

甘味の強い肉&コロッケうどんを食べた後に、ちょいと口の中をサッパリさせたい時には「ネギスープ」をお試しください。作り方はカンタン。ネギと投入しスープを注ぐだけです。
ネギスープ@牧のうどん

牧のうどん本来のスープの味と、ネギのシャリシャリ感を味わう事ができます。(ココにご飯を投入すれば雑炊が完成です)

おわりに

資さん佐賀進出にあたっての最大のライバル「牧のうどん」さん。

まあ「資さんうどん」「牧のうどん」どちらも美味しく&どちらも好みなので、共存共栄で頑張って欲しいですね!

資さんの本拠地「北九州」エリアにも「牧のうどん」の進出を希望します。(福岡都市高速+高速道路使用だったら、ギリ2時間で若宮IC・八幡IC辺りに出店可能では)

今日はこれまで。

牧のうどん三川内店@佐世保市の店舗情報

牧のうどん三川内店
〒859-3151 長崎県佐世保市三川内本町47-1
電話番号:0956-30-7311
営業時間:10:00~22:30
定休日:水曜日
駐車場:完備
テイクアウトメニュー@牧のうどん