長崎の名物と言えば言わずと知れた「ちゃんぽん」。そのチャンポンがリーズナブルに&美味しく食べれるのが、長崎県民なら誰もが知っている「リンガーハット」ですよね。(そろそろ長崎中華街にも出店して欲しいものです)

その「リンガーハット」の歴史を学ぶべく、発祥の地(1号店)でもある「リンガーハット 長崎宿町店」さんを訪ねてまいりました。
リンガーハット 長崎宿町店

お店の場所ですが、東長崎(長崎ペンギン水族館)から新日見トンネル経由で長崎に抜ける上り坂の途中。急カーブを抜けた先に現れますので見逃さないようにご注意ください。(ドデカイ看板が目立っているので大丈夫でしょう)
駐車場入口の看板@リンガーハット 長崎宿町店 駐車場入口@リンガーハット 長崎宿町店

駐車場ですが、店舗前に専用駐車場(38台)を完備されています。
駐車場@リンガーハット 長崎宿町店

〒851-0121 長崎市宿町542-3
電話番号:095-839-4216
営業時間:10:30~24:30(ラストオーダー 24:00)
定休日:無し
駐車場:完備(38台)

スポンサーリンク

それでは店内に突入します!

開店時刻の10:30直後の入店を狙って佐世保より移動していたのですが、ちょいと時間を見誤り10:40頃の入店となってしまいました。
店舗入口@リンガーハット 長崎宿町店 営業時間@リンガーハット 長崎宿町店

「長崎宿町店」さんはちょいと高台にあり下界の景色が抜群。窓際で景色が拝めながら食事ができる特等席に陣取らせていただきました。
店内からの景色@リンガーハット 長崎宿町店 店内からの風景@リンガーハット 長崎宿町店

開店直後という事もありお客さんの姿は無し。一番乗りと気分良く何をオーダーするか考えていると、なぜかスタッフの方がチャンポンを運んでいるではないですか???

よくよく見ると入口入ってすぐの角っこに、ひっそりお客さんが隠れていました。(一番のりと思いきや、残念ながら二番煎じとなりました)
一番のりはこの人@リンガーハット 長崎宿町店

それではメニューをチェック!

とりあえずメニューをチェックしておきましょう。

何となくメニューが新しくなっているような気がするのは私だけでしょうか?(これまで縦長のメニュー表だったような)
ちゃんぽんメニュー@リンガーハット 長崎宿町店

客単価を上げるためにセットメニューも充実させてきていますね!(長崎ちゃんぽん単品オーダーする方、しかも麺2倍でお腹いっぱいになる方が一番多いのでは)
セット・定食メニュー@リンガーハット 長崎宿町店

スポンサーリンク

それでは登場した料理の数々です!

それでは家族四人でオーダーして登場した料理の数々です。
長崎ちゃんぽん@リンガーハット 長崎宿町店 太麺皿うどん@リンガーハット 長崎宿町店

牛がっりまぜ麺@リンガーハット 長崎宿町店 餃子15個定食@リンガーハット 長崎宿町店

今回私がチョイスしたのは「薄皮ぎょうざ15個定食(ご飯大盛り)」になります。
薄皮餃子15個定食@リンガーハット 長崎宿町店

直近麺ばかり喰らっていたので、ちょいとご飯が恋しくなってしまいました。

それでは実食!

餃子15個とか楽勝やろとか思っていたのですが、結構腹に溜まるものですね。
餃子アップ@リンガーハット 長崎宿町店

味変アイテムの柚子胡椒を使って食べ進めますが、それでもちょいと飽きがきます。
柚子胡椒@リンガーハット 長崎宿町店

まあ、飽きが来た時は「スープ」と「ぶらぶら漬け@浜勝」がいい仕事をしてくれますので迷わず助けを求めましょう(笑)

「薄皮ぎょうざ15個定食(ご飯大盛り)」腹いっぱいになる事間違い無しですね。

おわりに

さすがリンガーハット1号店。絶景のロケーションの中で味だけでなく、目でも楽しませてくれました。

何となくリンガーの歴史を感じる「長崎宿町店」。(この辺かな?)
レトロな雰囲気@リンガーハット 長崎宿町店

リンガー好きであれば、是非一度訪ねてみてください。

多分特別なチャンポンが味わえるはずです。

今日はこれまで。

リンガーハット長崎宿町店@長崎市宿町の店舗情報

リンガーハット長崎宿町店
〒851-0121 長崎市宿町542-3
電話番号:095-839-4216
営業時間:10:30~24:30(ラストオーダー 24:00)
定休日:無し
駐車場:完備(38台)
スタンプカード@リンガーハット 長崎宿町店