長崎の夜で〆といったらおにぎり専門店「かにや」@長崎銅座(観光通り)行列ができる人気店でした

長崎の街で飲んだ後の〆はどこがいいかな?と質問すると、必ずでてくるのが「かにや」さんの「おにぎり」。創業昭和40年。長崎の街で50数年の歴史あるおにぎり専門店「かにや本店」さんを訪ねてまいりました。
かにや本店@長崎市銅座町

時刻はまだ19時30分。飲んだ後の締めには早い時間帯なのですが、まだ未訪問という事もあり、看板を見つけ突撃した次第です。
店頭の看板@かにや本店

前回も同じような事を言っていたような…⇒ 長崎・おじや専門店「一二三亭」~〆のおじやではなく一軒目で居酒屋代わりに使えるでしょうか?

なぜかお店の前には人だかりが???

スタッフらしき人の話を聞いていると「現在店内満席でしばらくお待ちくださいとの事」そのせいで店頭に待ち客の列が出来ていたんです。

待ち客は10名程度。せっかく来たのでという事で観光客らしき人達に混じって並んじゃいました。(かなり以前の出来事。嫁も私も銅座近辺で働いていたのですが、よくよく考えると訪ねが事がありませんでした…)

スポンサーリンク

それでは店内に突入します!

待つ事10分。一番手前のカウンター席へ案内されました。(かなり回転早いです)

手前側にカウンター席が10席ちょっとかな。遠い奥にはテーブル席 or 座敷席があったような。(一番手前だったので、奥のスペースは確認できませんでした…)
活気のある店内@かにや本店

超活気のある店内。おにぎり専門店だけあってカウンター前には具材が投入されているであろう竹の筒がズラリ並び、二人の職人さんが超手際よく、次々におにぎりを握っていきます。これ見てるだけで、かなり期待が膨らみます。
おにぎりの具材がズラリ@かにや本店

それでは宴のスタートです!

それでは乾杯!宴のスタートです。
乾杯@かにや本店

ここで痛恨のミス。ドリンクメニュー撮り忘れました。まあ私めは瓶ビールさえあれば、他はどうでもいいので…。ちなみにキリン中瓶600円でした。

それではメニューをチェック。おにぎりメインなのでツマミは少ないかと思いきや、一品料理・串焼き・おでんと、かなり酒のツマミが充実しているではないですか。
おつまみメニュー@かにや本店

こちらレジ横に設置されていたおでん鍋。見た目からでも美味しいのが伝わってきますよね。大根の染み具合(色)が抜群です。
おでん鍋@かにや本店

ガッツリ居酒屋メニューを攻めたかったのですが、嫁&娘が、いきなりおにぎり&味噌汁をオーダー。ツマミを頼むタイミングを完璧に逃しちゃいました。

こちらがメインのおにぎりメニュー。ざっと数えて30種類。これだけあると何度通っても飽きがこないですね。「べにしょうが」「てんかす」と、おにぎりの具材にはなりえないような珍メニューも用意してありました。(ネタですかね?)
おにぎりメニュー@かにや本店

オーダーから5分程度。速攻でおにぎりの登場です。具材は忘れちゃいました…。
おにぎり登場@かにや本店

私めがチョイスしたのが「カレーそぼろ」と「赤だし」になります。
カレーそぼろおにぎり@かにや本店
カレーそぼろ@かにや本店 赤だし最高@かにや本店

相変わらずのカレー好き。カレーの文字を見たらオーダーせずにはいられません。

おにぎり人気ランキングを発見!

ブログを書いている時にホームページを発見。人気ランキングが掲載されていました。やはり塩サバは鉄板。そのままツマミにしてもOK。おにぎりの具材でも最強です。

第一位 塩さば
第二位 岩のり
第三位 高菜

あまりのお客さんに圧倒され、これにて終了となりました。入口付近だったので、人の出入りが激しく。落ち着いて飲める状態ではありませんでした。

まあ次回訪問時は、しっかりテーブル席に陣取り、腰を据えて喉を潤した後に、長崎名物のおにぎりで締めてみたいと思います。
串焼きあります@かにや本店 おでんもあります@かにや本店

今日はこれまで。

かにや@長崎市銅座町の店舗情報

かにや本店
〒850-0841
長崎市銅座町10-2
電話番号:095-823-4232
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合、日曜日営業・月曜日定休)
壁掛けメニュー@かにや本店

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ