2013年黒崎弾丸餃子ツアー第2弾を盛大に開催・閉幕出来た余韻に浸ろうと思いきや、連れ全員が終電で帰路に着いてしまい一人寂しく黒崎の夜の街に置き去りにされた大迫力です。

夜の街で一人にされようとも、ここで大人しく帰る訳にはいきません。

そこで訪ねたお店が、ゆったりとした空間でお洒落に呑めるのが特徴のダイニングバー『Kitchen&Bar Gargoyle(ガルグイユ)』@黒崎さんです。
Gargoyle(ガルグイユ)店舗外観

場所は、黒崎駅から徒歩7分ってとこでしょうか?新天街を真っ直ぐ歩き、右手に赤々と目立つ「からあげ韋駄天」を通り過ぎた四つ角を左に曲がると右手に明るい『Gargoyle(ガルグイユ)』さんが出迎えてくれます。

スポンサーリンク

それでは店内のご紹介!

店内入って右手にバーカウンター席が8席、奥側のオープンキッチン前にも3席と2タイプのカウンター席を用意されています。
バーカウンター@Gargoyle(ガルグイユ)オープンキッチン前カウンター@Gargoyle

また左手にはかなり広いゆったりした空間に4人掛け~6人掛けの黒いテーブルに
白の椅子とモダンなお洒落なテーブル席が18席。大人数のグループ利用にも対応可能な店内となっています。
テーブル席@Gargoyle(ガルグイユ)4人掛けテーブル席@Gargoyle

左手奥側はちょっと奥まった造りになっており、テーブルをつなげて10名ぐらいの宴会もプチ貸し切り(個室感覚)みたいな感じで宴会ができるのも嬉しいですね。

それではメニューを見ていきましょう。

豊富な定番のカクテル類は650円からとかなりリーズナブルにいただく事ができます。好みのフルーツなんか伝えると、諒くんがしっかりチョイスしてくれますので気取らず楽しく飲めるのが『Gargoyle』さんのいい所ですね!
カクテルメニュー@Gargoyleドリンクメニュー@Gargoyle

ジンバック@Gargoyle(ガルグイユ)

またお酒だけじゃなく、フードメニューも充実しているんです。前菜・スープ・サラダ・アラカルトと用意されており、ちょっとしたコース料理が楽しめるんです。
フードメニュー@Gargoyle(ガルグイユ)ピザ&パスタ@Gargoyle(ガルグイユ)

この気合の入った厨房で作り出される料理の数々。お酒も料理もと両方一緒に味わえるといった、ちょっと欲張りな感じのダイニングバーですね。
オープンキッチン@Gargoyle(ガルグイユ)

今回お酒メインで何もオーダーしていないのですが、突き出しで出てきた小鉢をご紹介。見た目は抜群、本当にこだわりが感じられる一品ですね。
突き出し小鉢@Gargoyle(ガルグイユ)

ひとつひとつの料理にこだわるのが『Gargoyle(ガルグイユ)』さんのもうひとつの特徴ですね。

最後に、オムレツ?を作っている所を激写してきましたので特別に大公開したいと思います。マスターからクレームが来るまでの限定公開ですのでお早めにご覧くださいませ(笑い)

Gargoyle(ガルグイユ)マスターのオムレツ調理中の映像が流出(笑)

 

明るいゆったりとした空間でのお酒&食事が楽しめる『ガルグイユ』

是非一度足を運んでみてください。

今日はこれまで。

スポンサーリンク

Gargoyle(ガルグイユ)@黒崎さんの店舗情報

Kitchen&Bar Gargoyle(ガルグイユ)
〒806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎2-7-18 吉田ビル1F
TEL:093-3188-7047
営業時間:18:00-翌3:00(ランチ営業は???)
定休日:日曜日
カウンター席:11席
テーブル席:18席
Gargoyle(ガルグイユ)外観立て看メニュー@Gargoyle(ガルグイユ)