炭火焼とり 梵天(ぼんてん)で八幡西区黒崎地区ナンバーワンの呼び声高い激ウマ豚足を食す!

黒崎三角公園から程近い炭火焼鳥屋さん。黒崎の街でナンバーワンの呼び声が高い豚足が食せる『炭火やきとり 梵天(ぼんてん)』さんを訪ねてきました。
炭火やきとり 梵天 店舗入口

黒崎三角公園から一ゝ堂(いってんどう)横を栄町通り方面に向かった左手の2階で営業されています。この看板が目印ですのでお見逃しのないように。
表の立看板@炭火やきとり 梵天 店舗は2階@炭火やきとり 梵天

スポンサーリンク

それでは店内に入ります!

店内はカウンター席が18席のみで、テーブル席は用意されていません。いつ訪ねてもお客さんがいっぱいで賑わっている黒崎の街で人気の焼鳥屋さんです。
いつも賑わっている店内@炭火やきとり 梵天

まずはメニューを見ていきましょう。

見てビックリ。最近では珍しく基本的に焼鳥メニューだけで勝負しているこだわりの焼鳥屋さんです。トマトサラダ・皮酢のとりあえず料理は即効で出てきますので焼鳥が出てくるまでのつなぎに抑えておきましょう。
フードメニュー@炭火やきとり 梵天

ドリンクメニューですが、冗談にも種類は豊富とは言えませんがひと通りのお酒は押さえられています。(私的にはビールと焼酎があれば文句ありません!)
ドリンクメニュー@炭火やきとり 梵天

それでは焼鳥の数々の登場です。

まずは豚バラ。写真からでもな脂がのったジューシーさが伝わってきますね。
豚バラ@炭火やきとり 梵天

その他、ぼんじり・牛バラ・かしわ・肉だんごと美味しい焼鳥の数々を堪能させてもらいました。 焼き立てをちょっとずつ順番に出してくれるのが嬉しいですね。
ぼんじり@炭火やきとり 梵天 牛バラ@炭火やきとり 梵天かしわ@炭火やきとり 梵天 肉だんご@炭火やきとり 梵天

しかし『梵天』と言えば名物の「豚足」です。

黒崎の街でナンバーワンの呼び声高い逸品なんです。
名物の豚足@炭火やきとり 梵天

外側はこんがりと焼かれていますが、内側は超プルプルで手でちぎれるぐらいの柔らかさなんです。(引っ張ると簡単に2つにちぎれました!)
手でちぎれる柔らかさ@炭火やきとり 梵天

ここまでカリカリに焼かれていると、最後の方は口の中がベトベトになりちょっとくどくなってくるのですが『梵天』さんの豚足はそんな事がありません。独自にブレンドされた特製のお塩を付けて結構あっさりと食べる事ができるんです。

仕込みは結構の数されているみたいですが、人気商品ですので早めに訪問して絶品豚足を是非食してみてください。これはハマる事間違い無しです。

黒崎の夜の街で、こだわりを持って営業されている『梵天』さん。
大将と息子さん@炭火やきとり 梵天 大将の息子さん@炭火やきとり 梵天

現在大将の息子さんも修行中で頑張っているみたいですので、今後も黒崎の街で末永く美味しい焼鳥(豚足)を提供し続けて欲しいもんですね。(微力ながら応援させてもらいます!)

今日はこれまで。

 

炭火焼とり 梵天@黒崎さんの店舗情報

炭火焼とり 梵天(ぼんてん)
〒806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-13
TEL:093-641-3308
営業時間:17:00-24:00
定休日:日曜日
カウンター席:18席(テーブル席はありません)
お祭り好き?@炭火やきとり 梵天

梵天焼き鳥 / 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅

夜総合点★★★★ 4.3

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ