マブヤ(MABUYA)@八幡東区中央町~ミミガーのカリカリ焼&油みそ絶品でした!

かつては製鉄で栄えていた八幡東区の中央町商店街。最近哀愁が漂ってるように感じますが。そんな商店街の中で、ちょい細路地に入った所で元気に営業されている、沖縄料理を中心に数々の創作料理が味わえる『マブヤ(mabuya)』さんをまたまた訪ねてきました。
MABUYA(マブヤ)@

スポンサーリンク

前回訪問した時の記事↓↓↓
⇒ MABUYA(マブヤ)@八幡東区中央町商店街で沖縄料理が味わえます!

お店の場所は、中央町商店街内の『餃子の味味(みみ)』さん横の細路地を10メートルぐらい入った所になります。表の立看板をお見逃しなく。
細路地入口@MABUYA(マブヤ)

店内入るとカウンター席には、年配のご夫婦が一組。そういえば、前回は若い方が多かったような・・・。マブヤさん、若い人から年配の方まで幅広い年齢層に支持されているお店みたいですね。
カウンター席@MABUYA(マブヤ) 2階にテーブル席@MABUYA(マブヤ)

当日は、すでに2軒目。焼酎水割り(嫁はビール)で乾杯です。
陶器グラスの焼酎@MABUYA(マブヤ) ドリンクメニュー@MABUYA(マブヤ)

相変わらず大きめの陶器のグラスがいい感じです。(呑み易い!)

今回出てきたお通しです。ガーリックトーストがお通し。かなり珍しいですよね!しかしこれが不思議な事にお酒のツマミにベストマッチなんです。ガーリックトーストにしらすの塩加減が超いい感じでした。
お通しのガーリックトースト@MABUYA(マブヤ)

今回の訪問目的は、ズバリ「沖縄料理」を食す事!
メニュー表@MABUYA(マブヤ)

2軒目という事で数多くは食べれません。メニューからしっかりと吟味し、まずは「ミミガーのカリカリ焼」をオーダーです。(テビチ鉄板=豚足も捨てがたかったのですが、さすがにコテコテ2品はちょっと難しかった)

このカリカリ感最高ですね。メチャ旨です!タレに付けるとあんまり油がしつこくなくなるのかな?、ちょいアッサリ系に変化しまた違った味が味わえます。
ミミガーのカリカリ焼@MABUYA(マブヤ) ミミガーのカリカリ焼アップ@MABUYA(マブヤ)

これぞミミガーって感じの逸品でした。

続いては、おすすめメニューから「油みそ野菜添え」です。
おススメメニュー@MABUYA(マブヤ) 油みそ野菜添え@MABUYA(マブヤ)

沖縄の油みそって辛いってイメージがあったんですが、MABUYAさんの油みそは、いい感じの辛さに仕上げてあります。また表面が炙ってあり、香ばしい風味も楽しむ事ができます。

添えられた野菜と一緒に食べると、これも酒のツマミにもってこい。(コレ抜群です)野菜を食べ終え、最後少しだけ油みそが残ってしまいました。

ここで試しに、コッテリとしたミミガーに油みそを付けて食べてみると・・・

これは絶品です!

ミミガーの油気の強さを、油みそがアッサリとした味へと変化させてくれます。

この組み合わせはおススメですね!ミミガーの油みそ添え最高です。是非とも試してみてください。

目の前でば分厚いステーキ?(肩ロースのグリルかな?)が焼かれており、2階のテーブル席では、ガッツリ食事を楽しまれている方も多いみたいですね。

マブヤさんのメニューはそこまで多くないのですが、食べれていないメニューが多数。まだまだ裏メニュー何かにも全然たどり着けてません。
コレって裏メニュー?@MABUYA(マブヤ)

次回は、是非とも1軒目で攻めて、ガッツリいかないといけないですね。

っと言う事で今回はおしまいとします。

MABUYA@八幡東区中央町商店街の店舗情報

MABUYA(マブヤ)
〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-19-13
電話番号:093-662-3881
営業時間:12:00~14:00(L.O) 18:00~24:00(L.O)
定休日:日曜日+月曜日と祝日のランチ
カウンター席:8席ぐらい
2階テーブル席:14席(4卓)
店頭の立て看板@MABUYA(マブヤ)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ