皿倉山頂での星空ビアガーデン~新日本三大夜景をバックに乾杯してきました!【八幡東区尾倉】

夏の風物詩のビアガーデン。2013年初のビアガーデンに行ってまいりました。

訪ねてきたのは「暑い夏の夜を涼しい山頂で過ごしませんか?」と我が家のホームタウン(ベランダからいつでも拝める)&北九州市街地の夜景が楽しめると言う、皿倉山頂での星空ビアガーデンです。
皿倉山を地上から望む

星空ビアガーデン@皿倉山、ちょっと場所が離れているので移動が大変ですよね。

しかしご安心を!

皿倉山頂に登る帆柱ケーブル山麓駅までは、八幡駅から無料シャトルバスが運行されているんです。駅を出て左手。バス乗り場のちょい先から発車しています。
無料シャトルバス@皿倉山星空ビアガーデン

歩くと大体20分ちょっとぐらいかかるかな?汗だくになってから美味しくビールを飲みたい方は是非チャレンジしてみてください。(笑)

八幡駅発 17:05、17:25、18:05、18:25、19:05 etc

帆柱ケーブル山麓駅からは、ケーブルカーを利用してまずは山上駅を目指します。青い車体の「1号車 かなた号」、及び黄色い車体の「2号車 はるか号」の2台が運行されています。
山麓駅@皿倉山星空ビアガーデン 青い車体かなた号@皿倉山星空ビアガーデン

今回は、青い車体の「1号車 かなた号」を利用させてもらいました。乗車定員は112名。ビアガーデンで賑わっている時は、大体皆さん同じ時間帯に集中するみたいで、約5分間の道のりはかなり車内は窮屈な感じです。(しかも冷房無し!汗がにじみでてきます。タオル持参は必須です!)

単線みたいなのですが、途中一部だけ複線になる箇所があり、そこで2台がすれ違う事で交互に上下入れ替わるように運行されているみたいですね。
はるか号運転席@皿倉山星空ビアガーデン 黄色の車体はるか号@皿倉山星空ビアガーデン

標高差440mあまり、すれ違った後はかなり急な斜面を登っていきます。(ようやくこの時点で水平になります。その理由はご自身で体験してみてください)
急な斜面@皿倉山星空ビアガーデン

山頂駅に着いた時の風景になります。右上が洞海湾かな?かなりの絶景です。
山麓駅からの風景@皿倉山星空ビアガーデン

山上駅から展望所にはスロープカーで上ります。こちらは定員40名。約3分の道のりはエアコンも完備されており、ケーブルカーに比べかなり快適です。

はい、目の前に洞海湾を望む景色です。(写真右下には我が家がくっきり)
展望所からの風景@皿倉山星空ビアガーデン

展望所に上がる前に注意事項が。

3階の展望台ビアガーデンと、2階の室内ビアガーデンがあるみたいですね。
入口の注意事項@皿倉山星空ビアガーデン

まずは3階の展望台ビアガーデンをチェック。到着したのが19時ちょっと前。すでに20名程度のグループが宴会をスタートさせていました。提灯なんかが飾られ、何となくビアガーデンの雰囲気が感じられます。
3階展望ビアガーデン@皿倉山星空ビアガーデン ドリンク提供テント@皿倉山星空ビアガーデン

しかし風が強い事。標高が高いのでかなり肌寒い感じを受けました。

一方我々の宴会スペースはといいますと、展望台の風があまりに強いために2階の室内ビアガーデンに変更となりました。(ちょっと残念。しかし3階の展望台で宴会を行なっていたグループも後ほど2階に場所移動していました)

スポンサーリンク

それでは宴会スタート!

まずは生ビールで乾杯。ビールはピッチャーで登場。皆で注ぎ合って乾杯です。
キリンビールピッチャー@皿倉山星空ビアガーデン

皆さん気になっている飲み放題にセットになっている「おつまみセット」です。
おつまみ其の壱@皿倉山星空ビアガーデン

テーブルに人数分ずつ積んであったんですが、これがかなりしょぼい!(本当に一番左のポテチは一枚しか入っていませんでした。もう笑うしかありません!)

これはやられたと思っていると、さらにもう一皿登場。
おつまみ其の弐@皿倉山星空ビアガーデン

これは、もしかして追加オーダーしていたオードブルの一部かと訪ねてみたら、これも「おつまみセット」の一部という事でした。(ちょっと一安心です)

しかし2皿になったとしても「おつまみセット」かなり寂しい感じです。

今回オードブルを追加オーダーしていたので(これで5名様用4800円)最後まで楽しく飲めましたが「おつまみセット」だけをツマミに飲むのは、ちょっときついかもしれませんね。
オードブル@皿倉山星空ビアガーデン

会社とかのグループで利用する場合は、ちょっと注意が必要です!

宴会も中盤に差し掛かると、店内の照明を最低限まで落としてくれて夜景が綺麗に見えるようにサプライズプレゼントがありました。これはかなり高得点です。
皿倉山からの夜景@皿倉山星空ビアガーデン

いやー北九州の夜景も捨てたもんじゃありませんね。夜景を見ながらビールをいただく。本当に最高のひと時を過ごさせてもらいました。

飲み放題の楽しい時間を終え、皿倉山を下山します。スロープカーを待つ間、ブルーのライトが使われているのか、白いシャツを着た人達が青く輝いていました。 ちょっと幻想的な雰囲気です。
青いライトが@皿倉山星空ビアガーデン

大体終了時間がかぶっているのか、帰りのケーブルカーも結構な混雑具合です。(帰りは黄色い車体の2号車 はるか号を利用させてもらいました)
黄色い車体はるか号@皿倉山星空ビアガーデン ケーブルカー時刻表@皿倉山星空ビアガーデン

最終ケーブルカーは、山上駅22時発ですので絶対に遅れないようにしないといけないですね。もし遅れた場合は徒歩で下山です。(いったい何時間かかる事か)

またビアガーデン期間中は八幡駅までの無料シャトルバスもでています。こちらは最終22時15分だったかな?(要確認ですね!)
シャトルバス時刻表@皿倉山星空ビアガーデン

まあ、星空ビアガーデン@皿倉山。「往復のケーブルカー」+「90分飲み放題」+「おつまみセット」がついての3,000円。ちょっと微妙な価格設定で満足感も・・・かもしれませんが、絶景の夜景代が含まれていると思ってチャレンジしないといけないですね。

すばらしい夜景を望みながらの一杯。これ最高ですよ!

最後に一点ご注意です!

いくつかのブログに、星空ビアガーデンでは「食べ物を持ち込んでも大丈夫でした!」とかの書き込みがありますが、星空ビアガーデンでは持ち込みNGです。(お店の方にも確認をとりました!)

皆さん、居酒屋さんなんかに飲みに行った時におつまみなんか基本持ち込まないですよね?お店側も商売でやっているので、ルールを守って楽しく夜景を見ながら乾杯しましょう。

今日はこれまで。

皿倉山で乾杯!星空ビアガーデン@皿倉山の情報

帆柱ケーブル
〒805-0057
福岡県北九州市八幡東区大字尾倉1481-1
TEL:093-671-4761
http://www.hobashira-cable.co.jp/beer-summer.html
星空ビアガーデン@皿倉山 案内

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ