【移転】家庭処理&本格焼酎 M’sキッチン(エムズキッチン)@鳥町食道街でちょっといっぱい!

2013年10月に開催された「第8回小倉はしご酒」で訪問した『家庭料理&本格焼酎 M’sキッチン(エムズキッチン)』さんのママさんからFacebookでお友達申請をいただき、半年ぶりぐらいに再訪してきました。

ネット上で私のHPを見つけれてくれて、お友達申請をいただいたとのことです。⇒ 家庭料理&本格焼酎 エムズキッチン@鳥町食道街 第8回小倉はしご酒-其の弐

そのお店の場所はと言いますと、あの昭和レトロな雰囲気の残しつつ、新旧のお店が軒を連ねる素晴らしいレトロ横丁「鳥町食道街」。焼うどん発祥のお店と言われている『だるま堂』さんの対面辺りにお店を構えられています。
鳥町食道街@小倉魚町の看板 鳥町食道街@小倉魚町 入口

それでは店内に入ります。

店内入ると厨房を囲むようにL字型のカウンター席が7席。小料理屋さんみたいな造りながら、黒を基調とした落ち着きのある店内です。
カウンター席@エムズキッチン カウンター席右側@エムズキッチン

前回のブログ記事で立ち飲み屋さんと紹介していましたが、当日は小倉はしご酒大会特別仕様でお客さんを多く入れるために椅子を撤去していたとの事。通常は、ちゃんと椅子を完備しているとの事でした。(ガセネタを流してしまい、本当に申し訳ございませんでした!猛省です・・・)

今回、結婚式でしこたま呑んだ後にご挨拶がてら寄らせてもらったので、気持ちしか呑めていませんのでご了承ください。

まずは生ビールで乾杯。

生ビール(中)は、相変わらずお洒落な陶器での登場です。(陶器で飲むと、何となくひと味違いますね!泡立ちが違ってくるのかな???)
生ビールで乾杯@エムズキッチン

ビールで喉を潤していると、Facebookで友達申請をくれたママさんが登場されました。よくよく話を聞くと、ママさんと息子さんの二人三脚でお店をやられているみたいですね。(他にバイト君もいるのかな?)

それでは簡単にメニューをご紹介。

店内には、黒板に書かれた料理メニューのみ。それも値段が書かれていません!またボトルはズラリ並んでいるものの、ドリンクメニューも見当たりません。
黒板のフードメニュー@エムズキッチン

何となく怪しく&やばそうな感じですね!(もしかしてぼったくられるの?)

ご安心ください。しっかりメニュー表が用意されていました。ママさんに許可をいただき、軽くご紹介しておきます。(これで安心して飲む事ができますね)

まずは焼酎メニュー。パッとみても30種類以上。かなりの銘柄を用意されています。
本格焼酎メニュー@エムズキッチン ドリンクメニュー@エムズキッチン

あのプレミアム焼酎(魔王・村尾・森伊蔵)も完備されているみたいです。我が嫁の実家(宮崎県日南市)でよく飲まれている「日南娘」があったのには、かなり親近感を覚えました。 (こんな所で見るとは・・・)
焼酎ボトルの数々@エムズキッチン

またフードメニューも、黒板に記載されている以外にも結構準備されています。「福岡県産ハイポー豚」使用と、豚料理がおススメみたいですね!
フードメニュー@エムズキッチン

その他ランチ営業もされているとの噂が、ご飯類も用意されているみたいです。

また今回特別に、2階に完備しているバーカウンターも拝見させてもらいました。
2階バーカウンター@エムズキッチン

まずは一次会。1階で落ち着いた雰囲気の居酒屋で焼酎を楽しみ。続いて2次会。2階のちょっとお洒落なバーでカクテルを。1階から2階にはしご酒ができ、1つのお店で2つの雰囲気を楽しめる便利なお店ですね。

お店を出る頃には、常連さんで店内は満席状態。二人連れのお客さんは開店前に来ちゃって、まだお店が開いていなかったので、目の前のお店で時間をつぶしての再訪問だったの事。本当に多くのお客さんに愛されているお店みたいですね。
お客さんでいっぱいの店内@エムズキッチン

家庭的な雰囲気の中、焼酎のメニュー豊富な『M’sキッチン(エムズキッチン)』さん。焼酎を楽しむも良し、カクテルを楽しむも良し、または料理も楽しむも良しと、気軽に通えるお店ですね。

是非一度足を運んでみてください。今日はこれまで。

エムズキッチン@鳥町食道街さんの店舗情報

M’sキッチン(エムズキッチン)
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-16 鳥町食道街
TEL:093-533-5525
営業時間:12:00-無くなるまで 18:00-23:00
定休日:日曜日(ランチお休み) 月曜日(ランチ・夜共にお休み)
1階:カウンター7席
2階:バーカウンター4席
焼酎ボトル@エムズキッチン

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ