北九州市八幡東区中央町の「焼とり源や」さん。ここ半端なく「豚足」が旨いです!
店頭の赤提灯@焼とり源や

と言う事で、コロナ禍の時短営業中も16時から営業と頑張られている中、またまたお世話になってまいりました。(緊急事態宣言解除後の時短営業中の出来事です!)
短縮営業期間中に訪問@焼とり源や

お店の場所ですが、中央町の大谷球場側エリア。西日本シティ銀行中央町支店の裏手の細路地で営業されています。

焼とり 源やの基本情報

〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-2-9
電話番号:093-661-3565
営業時間:17:00~23:00
店休日:水曜日

それでは店内に突入します!

店内入って右手の厨房前にカウンター席。その背面にテーブル席が3卓。
立派なカウンター@焼とり源や

店内奥側には、団体での宴会も可能な掘り巨健式のテーブル席を完備されています。
テーブル席@焼とり源や

コロナ禍の影響で使用できる席を絞って営業されており、外から店内を覗くとテーブル上に「予約」の札が多数。

恐る恐る店内に入り、二名と告げると席を空けてくれた次第です。

大将曰く、土日は予約が増えてきたけど平日がサッパリとの事でした。

まだまだ完全復活には程遠いみたいですね。

それでは宴のスタートです!

それでは乾杯!宴のスタートです。
乾杯@焼とり源や

瓶ビールはキリンクラシックラガー。赤星に並ぶお気に入りの銘柄です。

それではメニューを見ていきましょう!

まずはメインの焼鳥メニューから。
やきとりメニュー@焼とり源や

続いて一品メニュー。(今回オーダーしていませんが、チキン南蛮が絶品です!)
一品料理メニュー@焼とり源や

メニュー内容は私めが通い始めてから10年以上変わっていないのですが、不思議と飽きがこないんですよね!(いつも一緒のものを食べているような)

それでは登場した料理の数々です!

まずはメインの焼鳥から。豚バラが逆三角形の筋肉モリモリバージョンになっているのが特徴的です。(どうやってこの形を形成するのでしょうか?)
豚バラ@焼とり源や

つくねは絶対に外せない一品です。からしをちょいと付けると絶品です!
つくね@焼とり源や

ねぎま@焼とり源や

こちら「焼とり屋さんのサラダ」になります。焼鳥とサラダって相性抜群です。
焼鳥屋さんのサラダ@焼とり源や

お待ちかねの「豚足」登場です!

喉も軽く潤った所で、メインディッシュ「豚足」の登場です。
トロトロ豚足@焼とり源や

こちらは小割り+タレタイプ。

若かりし頃は丸ごと焼き上げられた豚足を塩でむさぼるように食べるのが基本と思っておりましたが、だんだん小割り+タレが好みになってきた次第です。

添えられている柚子胡椒がいい仕事をしてくれるんですよね!
豚足アップ@焼とり源や

カリカリ&トロトロの「豚足」を是非味わってください。

小割りタイプなので、女性の方でも食べ易いかと思われます。

おわりに

実は人幡東区中央町には焼鳥が食べれるお店がぱっと数えただけで6店舗あります。(あの狭いエリアに6軒ってかなり競争率が高いかも)
焼鳥にはキャベツ@焼とり源や

是非中央町にお立ち寄りいただき、焼鳥の食べ歩きをお楽しみください!

今日はこれまで。

焼とり 源やの店舗情報

焼とり 源や(もとや)
〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-2-9
電話番号:093-661-3565
営業時間:17:00~23:00
店休日:水曜日
備長炭使用@焼とり源や