2021年3月9日の火曜日、北九州市八幡東区平野に「八幡のチャンポン平野店」がオープンしました!(オープンおめでとうございます)
八幡のチャンポン平野店

こちら「カツのせチャンポン」や「カツのせ焼そば」で人気の、JR八幡駅前で営業している「八幡のチャンポン」の二号店となります。(ケンミンショー等で紹介され、全国的にメジャーな北九州名物となりました)

お店の場所ですが、八幡東区の九州国際大学近く。CoCo壱番屋やしゃぶ葉が営業している平野パークの一角になります。(後ろの建屋は九州国際大学です)
店舗外観@八幡のチャンポン平野店

リンガーハット平野店跡地って言った方が分かりやすいかもしれませんね?

黄色の看板が目立ちまくってますので、すぐに発見できる事でしょう。
看板@八幡のチャンポン平野店

八幡駅前の店舗と違い駐車場完備なので、車の方はこちらの店舗が使いやすくなるかもしれませんね。

八幡のチャンポン平野店の基本情報

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1-3-7
電話番号:093-616-8847
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:多数完備

それでは店内に突入します!

それでは店内に突入します!

店内入ると券売機がお出迎え。本店(八幡駅前)と違い食券制となっています。
店舗入口@八幡のチャンポン平野店

店内入ってすぐと、二つ目のドアの先と、二台の券売機が用意されています。(中に入らないと分からないので、お昼時は券売機渋滞が発生するでしょうね)
券売機@八幡のチャンポン平野店

食券を購入し店内に入ると、道路側の窓際に四人掛けのテーブル席。
テーブル席@八幡のチャンポン平野店

中央の厨房を囲むようにL字のカウンター席が用意さてています。(配置的にはリンガーハット時代とほぼ一緒って感じです)
カウンター席@八幡のチャンポン平野店

それではメニューをチェック。

それではメニューをチェックしていきましょう。
チャンポンメニュー@八幡のチャンポン平野店

まずは「八幡のちゃんぽん」。標準仕様で2個のカツが鎮座しています。

スープに卵を溶いた甘目のスープ&キャベツたっぷりが特徴って感じでしょうか?

「カツの多いチャンポン」はメニューに用意されておらず、「八幡のチャンポン」にカツの追加って形で対応可能となっています。

「八幡のチャンポン」と人気を二分しているのが「八幡の焼そば」

ソースの風味が強く、コッテリ風味の焼そばに仕上がっています。

こちらでは標準仕様でカツが2個載っています。(八幡駅前では標準仕様ではカツは載っていません!メニュー構成が若干違うので要注意ですね!)

また「チャンポン」&「焼そば」共に150円増しで大盛りが可能となっております。

それでは宴のスタートです!

それでは乾杯!宴のスタートです。
赤星完備@八幡のチャンポン平野店

今回の目的は、ズバリ「晩酌」。赤星完備だったのには感動です。
ツマミメニュー@八幡のチャンポン平野店

ツマミに「手羽先の唐揚げ(1人前)」。
手羽先の唐揚げ@八幡のチャンポン平野店

さらに本店(八幡駅前)には無かった「ギョーザ(6ケ)」。
ギョーザ@八幡のチャンポン平野店

晩酌に合うのはこれかなという事で「八幡の焼そば(麺大盛り)」をチョイスさせてもらいました。
八幡の焼そば大盛り@八幡のチャンポン平野店

笑いだったのが、本店(八幡駅前)から応援のバイト君が多かったせいなのか、焼そば登場時にカツが載っておらず、お客さんからの指摘で後から運ばれてきたのが多発しておりました。

本店(八幡駅前)では、標準仕様の「八幡の焼そば」にはカツが載っていないので、戸惑いがあったんでしょうね(笑)

おわりに

今回、かねてから頭の中で温めていた「手羽先の唐揚げ」「八幡の焼そば」をツマミに晩酌させてもらいました。(新メニューの「ギョーザ」も…)

手羽先の唐揚げを食べるのにおしぼりがあったら助かったような…

赤星完備なので、皆さんもチョイ飲みで訪ねてみては如何でしょうか?

またお持ち帰りメニューも用意されていますので、お家で「八幡のチャンポン」ってのもありかもしれませんね。(持ち帰りの方がコスパがいいかも)
お持ち帰りメニュー@八幡のチャンポン平野店

今日はこれまで。

八幡のチャンポン平野店の店舗情報

八幡のチャンポン平野店
〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1-3-7
電話番号:093-616-8847
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:多数完備

営業案内@八幡のチャンポン平野店