中華そば 藤王(ふじおう)@小倉北区魚町で絶品中華そば(醤油ラーメン)&担々麺を食す!

2013年のGW最終日。どこにいく予定もなく外でランチでも食べようと、旦過市場@小倉北区を目指しました。お昼時だったのですが、休日という事もあり半数の店舗が閉まっており客通りもまばらでちょっと閑散としている感じでした。

どうしようかと頭をフル回転させ出てきたお店が『中華そば 藤王』さん@小倉魚町です。FaceBookの書き込みで知っていたお店なんですが、なかなか訪ねる事が少ない小倉の街、チャンスとばかりに『藤王』さんを訪ねてきました。
中華そば藤王 店舗入口

旦過市場方面から魚町商店街を歩く事10分。右手によくやく『藤王』さんを発見。入口の造りから、何となく高級感を感じさせる感じですね。
中華そば藤王 赤提灯中華そば藤王 入口の説明文

お店の入口は2階で、階段を上がって店内に入ります。更に上の3階は『雀荘魚町グラブ』さんみたいなのでお間違えのないように(笑)
中華そば藤王 店内入口

まず目に入ったのが「店内で先に食券をお買いxxx」の掲示が・・・。

『藤王』さんって食券方式を採用しているみたいですね。

店内入ってすぐ左手に麺類の紹介ポスターが貼られており、そのお隣に券売機が設置されています。(お客さんが多く券売機の写真が撮れませんでした!)
店内の麺類の紹介ポスター@藤王

ここでひとつ問題点。

券売機に行くまで何が食べれるのが一切わかりません。事前リサーチして来た人は問題ないでしょうが初来店の方にはちょとツライかも・・・。後ろに並ばれるとゆっくりメニューが選べないのはマイナス点かなと思われます。

1階の入口、又は階段にでもメニューを掲示してくれれば解決ですね!

スポンサーリンク

それでは店内のご案内!

店内入って目の前。厨房を囲むようにL字型のカウンター席が10席。左手奥の方に、テーブル席(2人掛けが9卓かな?繋げて4人掛けにもなります)が完備されています。合計で20数名程度入れるキャパのお店です。
カウンター席@中華そば藤王テーブル席@中華そば藤王

オーダーしたのはもちろん、創業30年の歴史と伝統が作り上げた小倉魚町の名物「中華そば(醤油ラーメン)」です。一方嫁はといいますと、後ろに並んでいたお客さんのプレッシャーに負け、何も考えず「担々麺」をオーダーです。

まず登場したのが「担々麺」。 ご飯は無料で付けれるとの事で注文の時聞いてくれました。

パッと見た目、これ野菜大盛りやん!担々麺っていったら、そぼろ肉にチンゲン菜とシンプルな感じをイメージしていたのでちょっとビックリでした。
担々麺@中華そば藤王野菜たっぷり担々麺@中華そば藤王

続いて登場したのが「中華そば」です。透き通ったスープがなんともいえないですね。ほのかな醤油スープの香りが食欲をそそります。
中華そば@中華そば藤王

スープは厳選した新鮮な素材を使い種鶏(通称 特メン)のガラをベースに牛骨・牛スジ・豚足に数種類の野菜を入れ、仕込みの段階で沸騰させることなく和食でいうところの一番だしのような上澄みの透明なスープのみを使いあっさりとしながらもコクとキレがあり、納得の一杯をということから、その日に使うスープはその日の朝仕込み、スープがなくなり次第閉店ということもあります。

と、こだわりのスープと中太のちぢれ卵麺がよく絡みベストマッチなんですよね。またちょっと厚めのとろけるチャーシューもいい感じでした。
中太のちじれ麺@中華そば藤王チャーシュー@中華そば藤王

これは旨い!のひと言です。

久しぶりに美味しい「中華そば」を食せました。感謝!

一方嫁はといいますと・・・

ちょい辛みたいで、ご飯が美味しいと喜んでいました。野菜がタップリ投入されており、何となくチャンポンと担々麺のコラボみたいな具沢山の担々麺でした。
担々麺の麺@中華そば藤王ちゃんぽんみたいな担々麺@藤王

ちょっとスープをいただきましたが、胡麻の風味とちょっとだけ辛味が効いているのかな?チョイ辛ながら、スッと飲めるスープ(どこぞでは辛くて飲めなかった記憶がヨミガエル・・・)結構いい感じでした。

まだこの他にも「味噌ラーメン」「塩ラーメン」「ちゃんぽん」と、まだまだいろんなメニューを揃えている『中華そば藤王』さん。

ちょっと暇な時間帯に訪ね、大将とお話してみたいと思います。

今日はこれまで。

中華そば藤王@小倉魚町さんの店舗情報

中華そば藤王
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町2-4-18 2階
TEL:093-511-2800
営業時間:11:00~20:00(OS19:30)
定休日:不定休
カウンター席:10席
テーブル席:2人掛け x 11卓(4人掛けに変更してくれます)
駐車場:無し(周辺にパーキング有)
焼飯小@中華そば藤王餃子6ヶ@中華そば藤王

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ