穴湯に地蔵湯と黒川温泉にも格安の共同浴場があるんです!もう入湯手形は必要ないかも(笑)

黒川温泉で有名なのが入湯手形を使った露店風呂めぐり。1枚1300円(税込)で購入すると黒川温泉街の趣向を凝らした各旅館の3ケ所の露店風呂で入浴する事が可能な手形です。(入浴時間 8:30~21:00まで)
黒川温泉入湯手形

そんな黒川温泉街であまり知られていないのが二つある立ち寄り湯。地元の方がメインで利用しているのかな?超格安な料金なのですが、観光客の利用は少なく穴場的なスポットとなっています。

スポンサーリンク

穴湯共同浴場

まずは「穴湯共同浴場」。黒川温泉の中心部川端通りを進んだ「穴湯契約駐車場」からちょいと下った渓流沿いに隠れるように建っています。
穴湯契約駐車場@黒川温泉 黒川温泉のど真ん中@黒川温泉

趣のある木造瓦屋根の建屋。いい雰囲気を醸し出していますね!
穴湯共同浴場@黒川温泉

入浴料は大人100円。小人50円となっており、自身で入口横の料金箱にお金を入れてから入浴するシステムとなっています。入浴時刻は8:30~19:00。19:00以降は地元の方専用となるみたいなので時間を守って利用しましょう。

まあ、黒川温泉で100円という料金だったので全然期待はしていなかったのですが。

中に入ると目の前に湯船が広がります。(写真右は湯船から入口方面)奥の方では誰もいないのにお湯がジャブジャブと注がれ、さすがは湯量豊富な黒川温泉ですね。
穴湯湯船@黒川温泉 穴湯湯船から入口方面@黒川温泉

左手にシンプルな脱衣所。右手には女性専用の脱衣所も完備されています。まあ混浴なので女性ひとりでの利用はちょいと厳しいかもしれませんね!(女性軍団が堂々と入っていたら、男はビビって帰っていく事でしょう)
穴湯脱衣所@黒川温泉 穴湯女性脱衣所@黒川温泉

解放感のある極太の木材を利用した天井。光が差し込む明るい造りとなっています。(冬場だと露店風呂とかわらない寒さでしょうね!)
光差し込む穴湯@黒川温泉

掃除も行き届いており(掃除当番があるみたいです)これで100円だったら文句なしですね。共同浴場なのでしっかりルールを守って利用しましょう。
穴湯ルール@黒川温泉

ちょいと混浴はって方は、渓流沿いの無料足湯を楽しむのもいいかもしれません!
渓流沿いの無料足湯@黒川温泉 無料足湯前の渓流@黒川温泉

〒869-2402
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川温泉内
営業時間:8:30~19:00
入浴料:100円
混浴

地蔵湯

続いては、黒川温泉街の中心地『ふもと旅館』のすぐお隣。通りからちょいと階段を下った場所に位置する「地蔵湯」です。
地蔵湯外観@黒川温泉 地蔵湯はコチラ@黒川温泉

入浴料は大人200円。営業時間は8:00~19:00となっています。

朝食後の8:30に訪ねたのですが「只今、清掃中」の札が掛かったまま・・・。
地蔵湯入口@黒川温泉

残念ながら今回入浴する事はできませんでした。こちらは男女別の湯船を完備しているとの事で、女性でも安心して入浴可能となっているみたいです。

まあ、次回訪問時の宿題としたいと思います。

〒869-2402
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川 地蔵堂前
営業時間:8:00~19:00
入浴料:200円

男女別内湯

黒川温泉の由来

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ