2020年07月12日に小倉北区南丘に登場したラーメン店「らぁめん鬼笑ひでちゃんや」さんにお邪魔してまいりました。(オープンから2週間後だったかな)
らぁめん鬼笑ひでちゃんや

なんでも早朝から営業されており、朝ラーが楽しめるお店なんです。(8月に入った頃から5:00~18:00に営業時間が変更になっている模様です)
営業時間@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

駐車場ですが、お店の前に駐車スペースを完備。入居している建屋で共同となっているのでしょう。お隣のからあげやさんから奥の理容店前まで駐車可能となっています。(十数台停めれるのでは…)
駐車場案内@らぁめん鬼笑ひでちゃんや 駐車場@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

らぁめん鬼笑ひでちゃんやの基本情報

〒803-0863
福岡県北九州市小倉北区南丘1-24-1
電話番号:確認中
営業時間:5:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:完備

それでは店内に突入します!

大将と奥さん二人で切り盛り。早朝からメチャ元気に迎えてくれます。

奥に向かってカウンター席がズラリ。総席数10席って感じでしょうか?(奥の壁側に椅子が2個避けてあったので、コロナ対策でちょっと間引かれているかもです)
カウンター席@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

厨房とカウンターは簾で仕切られています。DIYっぽい感じですがいい雰囲気を醸し出していました。(これは真似せねば)
和の簾@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

それではメニューをチェック!

それではメニューをチェックしていきましょう。
メニュー@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

豚骨ラーメンオンリーと思いきや、醤油・味噌まで用意されています。

サイドメニューはおにぎり+トッピングだけと、シンプルなメニュー構成。

替玉も用意されていますのでご安心を!
替え玉あります@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

店内を見渡すと!

カウンター席の後ろには、いろんな鬼の説明書きが。鬼は悪物ではなく守り神みたいですね。(黄色の鬼をゲットして金運を手に入れないと…)
鬼の紹介@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

そのお隣には「魁龍」の文字が。大将は豚骨ラーメン発祥の地久留米より生まれた「呼び戻し」の手法を貫く超濃厚スープを提供する「魁龍」で以前働かれており、独立&新規出店されたみたいです。

標準装備の調味料は、紅ショウガ・七味・にんにく・こしょうって感じでした。
調味料@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

らぁめん+ネギトッピングの登場です!

今回はデフォの「らぁめん」を「ねぎ増し」でオーダーしました。

オーダーから5分程度。「らぁめん(ねぎ増し)」の登場です。
らぁめんねぎ増し@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

具材は、ねぎと刻みチャーシューのみとシンプルそのもの。見た目から濃厚そうな感じが伝わってきます。

魁龍と言えば、どんぶりの底にスープに溶けた骨髄がザラザラしている感じがあったのですが、こちらのスープは意外とあっさりかな?
細麺タイプ@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

まあ旨く説明できませんので、ご自身の舌で確かめてください。

朝からガッツリ「替え玉」まで楽しませてもらいました。
替玉堪能@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

味噌も気になりますよね!

こちら娘オーダーの「みそらぁめん」になります。
みそらぁめん@らぁめん鬼笑ひでちゃんや

ひと口スープをいただきましたが、これまでに味わったことないような味噌味。

何とも言えないですが、コレかなり好みが分かれるのでは?

おわりに

最近家呑みばかりで、早寝早起きと健康的な生活を送っています。

ジジイなので早くに目が覚めてしまい早くから腹を空かせているので、早朝から営業されているお店ってかなり重宝しているんです。(ほぼ資さんにお世話になっているような感じですが…)

早朝から朝ラーが楽しめる「らぁめん鬼笑ひでちゃんや」さん。

皆さんも早朝から攻めて、5時からの営業を維持してもらいましょう。

今日はこれまで。

らぁめん鬼笑ひでちゃんやの店舗情報

らぁめん鬼笑ひでちゃんや
〒803-0863
福岡県北九州市小倉北区南丘1-24-1
電話番号:確認中
営業時間:5:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:完備

店舗外観@らぁめん鬼笑ひでちゃんや