野外貸しバーベキュー場 八幡村@JR枝光駅近くにて青空の中でBBQ大会を開催しました!

シルバーウィークの5連休。我が家のチビ達もそれぞれ予定が入っていたので、オヤジ数人で寂しくキャンプに行くぞと意気込んでいましたが、狙っていたキャンプ場はどこも予約でいっぱいとの事。(温泉付きの快適キャンプ場に拘ったのがいけなかったのでしょうか?)

何となくアウトドア気分を味わいたいという事で、急遽20日の日曜日にBBQ大会を開催しちゃいました。

今回利用したのは、JR枝光駅から徒歩10分程の『野外貸しバーベキュー場 八幡村』さん@八幡東区荒手一丁目です。戸畑方面に向かうJRの車内から案内が見えて一度行ってみたかったBBQ場です。
野外貸しバーベキュー場 八幡村

屋外のBBQ場は坂を登った小高い丘に3箇所程。まあメチャクチャ設備が整ったとは言いませんが、洞海湾や皿倉山を望める絶景ポイントでした。(難点は、人気スポットなのか?ちょいと人が多かった事かな・・・)
小高い丘にあります@野外貸しバーベキュー場 八幡村 BBQ会場@野外貸しバーベキュー場 八幡村
BBQ会場からの風景@野外貸しバーベキュー場 八幡村

しっかり屋内設備も完備されていますので、もしも雨が降っても大丈夫ですね!この他に室内のBBQ場なんかも用意されています。
屋内BBQ場@野外貸しバーベキュー場 八幡村

今回の参加人数は14名と思いきや開始時刻過ぎてからのドタキャン2名で12名。直前の17日(木)から募集開始した事もあり、皆さんすでに予定が入っているとの事でかなり苦戦しましたが、何とか10名を超える事が出来ました。(ご参加いただいた皆さんありがとうございました!)

今回お肉を調達したのが『博多食肉と小さな農園 枝光市場』さんです。
お肉は枝光市場@野外貸しバーベキュー場 八幡村

BBQ前日にリサーチがてら訪ねてみると「和牛特上焼肉用(100g 798円)」から海外産の「やわらか牛上カルビ(100g 298円)」等々お肉の種類も多くて価格的にも問題無し。特にホルモンの品揃えは抜群でした。
お肉は枝光市場@野外貸しバーベキュー場 八幡村

事前に嫁や飲み友から情報を収集していましたが↑↑↑は抜群でした!

スポンサーリンク

それでは乾杯!BBQスタートです

まずはみんな揃って乾杯!酒が入って乾杯してしまえば皆友達。初めて会った方同士でもすぐに打ち解ける事ができました。自然&お酒の力って偉大ですね(笑
まずは乾杯@野外貸しバーベキュー場 八幡村

今回ビールの銘柄を8種類(黒ラベル・キリンラガー・一番絞り・ザ モルツ・プレミアムモルツ・スーパードライ・スーパードライ辛口・端麗極上)程用意。皆それぞれ飲み比べを行っていました。何となく黒ラベルが人気だったような・・・

こちらがメインのBBQ。結構いいお肉を購入したんですが、炭火で焼くと全然分からなくなっちゃいますね。安いお肉でも炭火で焼くと極上肉に早代わりです!
レンタルコンロ@野外貸しバーベキュー場 八幡村 いいお肉@野外貸しバーベキュー場 八幡村

こちら、炭火で是非焼きたかった「生秋刀魚」です。やっぱこの時期の「生サンマ」は最高ですよね!(しっかり大根おろしまで用意して持ち込みました!)
生サンマ@野外貸しバーベキュー場 八幡村

こちら『ラーメン天晴』さん@八幡東区西本町の大将に協賛いただいたチャーシューのブロック。そう私がよく晩酌させてもらっている時に味わっている「炙りチャーシュー」です。炭火で炙ると脂がトロトロで激ウマでした。
ラーメン天晴@野外貸しバーベキュー場 八幡村 チャーシューブロック@野外貸しバーベキュー場 八幡村
天晴チャーシュー@野外貸しバーベキュー場 八幡村 炙りチャーシュー@野外貸しバーベキュー場 八幡村

炭火でこんがり焼けた「焼きおにぎり」です。
焼きおにぎり@野外貸しバーベキュー場 八幡村

やっぱ外で飲むお酒は最高ですね!

3時間ぐらいで終了するかと思っていましたが、あまりの盛り上がり具合に制限時間(5時間)ギリギリまで粘ったのはいうまでもありません。
景色は抜群@野外貸しバーベキュー場 八幡村 テーブル・椅子完備@野外貸しバーベキュー場 八幡村

皆さんもこの食欲の秋、お外でBBQをしてみては如何でしょうか?

今日はこれまで。

貸しバーベキュー場八幡村@八幡東区荒手の店舗情報

貸しバーベキュー場八幡村
〒805-0001
福岡県北九州市八幡東区荒手1丁目1817−23
電話番号:093-662-1330
営業時間:11:00~21:00(事前予約要)
定休日:水曜日
料金表@野外貸しバーベキュー場 八幡村
入場料&バーベキューコンロのレンタルが必要ですが、有料でゴミの引き取り&炭なんかの後片付けがいらなかったので撤収がメチャ楽なBBQでした。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ