若松妙見かき小屋@若松区響町~産地直送市場「海と大地」隣で「若松妙見かき」を堪能しました!

北九州牡蠣小屋巡り第五弾ぐらいかな?今回は「豊前海一粒かき」ではなく、若松の響灘で5年の歳月をかけ誕生したという、若松ブランド「若松妙見(みょうけん)かき」が食せる『若松妙見かき小屋』さん@若松区響町を攻めてきました。
若松妙見かき小屋@若松区響町

建屋は昨年造られたんだったかな?清潔感のある牡蠣小屋らしからぬ外観です。

カキ小屋の場所はと言いますと、若松区のひびきコンテナターミナル近くの「産地直送市場 海と大地」のお隣(同じ敷地)で営業されています。駐車場は「海と大地」と共用。どかんと120台程度完備されていますのでご安心を!
海と大地のお隣@若松妙見かき小屋 駐車場120台完備@若松妙見かき小屋

スポンサーリンク

営業期間と営業時間をご案内!

まずは営業期間、定休日、営業時間をご紹介しておきます。

営業期間:2017年01月27日(金)~3月31日(金)

営業時間(平日): 月曜日・金曜日 11:00~16:00(O.S.15:00)
営業時間(休日): 土曜日・日曜日 10:30~16:00(O.S.15:00)

定休日:火曜日・水曜日・木曜日

それでは店内に突入します!

入口付近には何やらPOPがベタベタ貼られています。手作り感満載ですね。
店舗入口@若松妙見かき小屋

店内入るとドデカイ水槽がお出迎え!大量の牡蠣が投入されていました。
店内の水槽@若松妙見かき小屋

その先には焼き台がズラリと並び、いい雰囲気を醸し出しています。
ガス台テーブル席@若松妙見かき小屋 炭火テーブル席@若松妙見かき小屋

まずは食材の数々をゲット!

それでは『若松妙見かき小屋』さんのシステムをご紹介したいと思います。

こちらでは、最初に好きな食材をチョイス&ゲットしてからレジにて清算。その後、席に案内するスタイルを採用されています。

まずは入ってすぐ右の牡蠣コーナーでカキをゲットします。1皿1,000円となっており、1kg以上の牡蠣が投入されているとの事。後から追加購入する事も可能なので、とりあえず大人1人辺り1盛りを目安にゲットしておきましょう。
牡蠣コーナー@若松妙見かき小屋

牡蠣をゲットした後は、海鮮コーナーへ進みます。

こちらでは「ホタテ・一夜干し・エビ・サザエ・ウインナー・お刺身・海鮮丼・野菜」の海鮮類etcが並んでいます。まあメインは牡蠣焼きのはずなので、こちらは取り過ぎないように気を付けましょう。(もちろん後から追加購入可能です)
海鮮コーナー@若松妙見かき小屋

食材をゲットし終えたらレジへと進みます。

レジ横には「焼きおにぎり 200円」と「かきと山菜の炊き込みご飯 350円」とご飯物も用意されています。やっぱ炭火焼での「焼きおにぎり」はたまりませんよね!カキの旨みが凝縮された「炊込みごはん」も捨てがたいです。
ご飯あります@若松妙見かき小屋

それでは清算。ゲットした食材の代金の他に、焼き台使用料が300円&カキナイフ代1本100円が必要となりますのでご注意を。またここで軍手・箸・皿も一緒に渡されるので忘れないように受け取りましょう!
テーブル台300円@若松妙見かき小屋 カキナイフ100円@若松妙見かき小屋

清算が終わると焼き台へと案内!

清算が終わると焼き台に案内されます。

こちらでは炭火とガスの2種類の焼き台を完備されています。炭火の風情を取るか、ガスの火力を取るかは、まあ好みの問題ですね。今回は有無を言わさず炭火の焼き台に案内されました。

コチラが炭火の焼き台になります。テーブルのど真ん中にドラム缶タイプのコンロが埋め込まれています。焼き台&テーブル共にかなりゆったりしており、大人4人で使用しても十分なスペースが確保されています。
炭火の焼き台@若松妙見かき小屋

テーブル上の装備品ですが、調味料はポン酢に醤油の二種類。また爪楊枝にウェットティッシュ・台拭き・トングが用意されています。飲食物の持ち込みは不可ですが、調味料の持ち込みは可能となっていますのでお間違えのないように。
調味料@若松妙見かき小屋 美味しい焼き方@若松妙見かき小屋

おっと忘れていました肝心のドリンク類ですが、レジ近くに自動販売機が設置置されています。肝心のお酒は缶ビールのみ。(やっぱ一番搾りよりスーパードライの方が人気あるんですね!)レジに日本酒が置いてあったような。飲みながら牡蠣焼きを喰らいたい所ですが、ドライバーはノンアルで我慢ですね!
自動販売機@若松妙見かき小屋

それでは実食!

1盛り1Kg以上投入されていると噂の牡蠣ですが、大小混じって16個投入されていました。まあ16個入っていれば良心的な量ではないでしょうか?
牡蠣一盛り@若松妙見かき小屋

思いのほか炭火の火力が強くいい感じでカキ焼きを楽しめました。ちょっと焼き台(網)が広すぎるので、トングがもうひとつ用意されていたら良かったかも。
強力な炭火@若松妙見かき小屋 牡蠣焼き@若松妙見かき小屋

残念だったのは、2個殻が繋がっていたのが2盛りで3組も入っていた事かな!2個繋がっていると焼き上げるのがちょいと難しいです! これは「豊前海一粒かき」を食べ歩いた時には無かった事ですね。まあこれからの改善点のひとつですね!
ふたごはいりません@若松妙見かき小屋

チビの一押しだったのが「海鮮丼 400円」です!

ミニサイズでしたが、サーモン・タイ・ブリ・イカ・ネギトロ・玉子が投入されており、結構美味しかったのでしょう。調子にのって2個も喰らっていました!
海鮮丼400円@若松妙見かき小屋

最後に注意点!

炭火の焼き台をセレクトした場合、途中メチャクチャ灰が舞い上がります。これ椅子に置いてた私のジャージですが、灰まみれになっちゃいました。無料でジャンバーが用意されていますので、確実にゲットしておきましょう(笑)
灰が舞います@若松妙見かき小屋 ジャンバー完備@若松妙見かき小屋

やっぱ近場で焼き牡蠣が食べれるって幸せですよね!

若松ブランド『若松妙見かき』。皆さんも是非食してみてください。

今日はこれまで。

若松妙見かき小屋@若松区響町の店舗情報

若松妙見(みょうけん)かき小屋
〒808-0021
福岡県北九州市若松区響町3丁目1-11 産地直送市場「海と大地」のお隣
電話番号:093-751-1108
営業期間:2017年01月27日(金)~3月31日(金)
営業時間(平日): 月曜日・金曜日 11:00~16:00(O.S.15:00)
営業時間(休日): 土曜日・日曜日 10:30~16:00(O.S.15:00)
定休日:火曜日・水曜日・木曜日
駐車場:完備(多数)
営業案内@若松妙見かき小屋

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ