行橋・蓑島のカキ小屋 「永光丸(えいこうまる)」。新規オープンのカキ小屋かと思われますでしょうが、コチラ永田カキ直売所直営のカキ小屋になります。
カキ小屋永光丸(えいこうまる)

2019年冬期より「カキ小屋 永光丸」として、カキ直売所とは分離し営業開始された次第です。(持ち帰りのお客さんも多いので、消費税絡みの計算が面倒になるんで分離されたのでしょうか?)
永田カキ直売所

分離に伴い、カキ小屋の受付はカキ小屋入口で行うように変更になっています。(以前は直売所と同じ所で受付でした)またお持ち帰りの方は変わらず、奥の直売所で販売されていますのでお間違えのないように!

カキ小屋と直売所に挟まれた作業場では、当日から牡蠣の出荷開始という事で、大量の牡蠣が持ち込まれ、洗浄・仕分け作業が行われていました。
作業場@永田カキ直売所

スポンサーリンク

カキ小屋 永光丸の基本情報

〒824-0011
福岡県行橋市大字蓑島470-5
電話番号:080-6633-0022
2019年冬期営業:2019年11月09日~2020年04月初旬頃
営業時間:10:00~18:00(O.S.17:30)
定休日:12/30~01/10
駐車場:完備

まずはシステムをご紹介!

カキ小屋入口から入るとすぐ右手に受付。ここで人数を告げると席に案内いただけます。
店舗入口@カキ小屋永光丸 受付@カキ小屋永光丸

今年度から代金引換ではなく、最後に清算する形に変更になっています。炭代として1テーブル1,000円がかかりますのでご注意ください!(これは昨年までと変わらずです)

また焼き牡蠣の食事制限が90分以内と、しっかり管理されるようになりました。

肝心の持込ですが、昨年までと変わらずお酒等のドリンクは持込OK。またウインナー・肉類以外のご飯類&調味料は持ち込み可能となっていますのでご安心ください。(スタッフに再度確認しました)

スポンサーリンク

それでは店内に突入します!

ビニールハウスタイプのカキ小屋。4人掛けのテーブルが16卓って感じでしょうか?
カキ小屋の様子@カキ小屋永光丸
木製のテーブル@カキ小屋永光丸 4人掛けテーブル@カキ小屋永光丸

さらに左奥側には、大人数でも利用可能なスペースが別途用意されています。(テーブルがちょいと大きく6人掛けとなっています)
奥のテーブル席@カキ小屋永光丸

かなりの人数が収容可能な、大規模なカキ小屋ではないでしょうか?

テーブル上には「軍手・牡蠣ナイフ・トング」の三種の神器ポン酢&醤油の調味料。さらに箸&紙皿が標準装備となっていました。
三種の神器@カキ小屋永光丸

店舗奥の共用コーナーには、マヨネーズ・塩コショウ・一味・七味も完備されていましたので、お好みで利用しましょう。
調味料@カキ小屋永光丸

共用コーナーに昨年まで用意されていた「タオルおしぼり」が見当たりませんでしたが、途中でスタッフの方がテーブルまで持ってきてくれました。(必要な場合はスタッフの方にご確認ください)

それではメニューをチェック!

メニューは受付横の木札メニュー。またテーブルにセットされたメニュー表でご確認ください。(表示価格は税別表示となっています)
木札メニュー@カキ小屋永光丸

メインの牡蠣は「大・中・小」が選択可能で、各々1kg辺り1,000円。
フードメニュー@カキ小屋永光丸

昨年まではなかった「焼き物セットメニュー」が登場。

サザエ&ホタテが付いたAセット2,000円。海老&イカが付いたBセット2,000円。さらにサザエ・ホタテ・海老・イカがセットになったCセット5,000円と、三種類のセットメニューが用意されています。
セットメニュー@カキ小屋永光丸

またアレンジメニュー&飯物・汁物と、これぞカキ小屋って感じの品揃えです。(やはりシンプルが一番です)

2019年冬期からはドリンクメニューも登場しました!

2019年冬期からは生ビール等のドリンクメニューが登場しました。
ドリンクメニュー@カキ小屋永光丸

こちらは受付カウンターで現金払いとなっていますのでご注意ください!(何故?)

それでは実食!

シーズン初めで、まだ大サイズは小さめとの事で、中サイズを2Kgオーダー。
牡蠣二キロ@カキ小屋永光丸

貧乏臭く投入されている牡蠣の個数を数えると29個。(2個サービスで追加してくれました)

中サイズで1kg辺り13個ぐらいが目安って感じですね。

それでは牡蠣焼きスタートです!

それでは乾杯!宴のスタートです。
乾杯@カキ小屋永光丸

あとはひたすら焼くのみ。炭が大量に投入&炭火が牡蠣と近い事もあってかパンパン跳ねまくって、しまいには牡蠣エキスを全身に浴びてしまいました。(汚れ防止のエプロンが用意されていますので、しっかり着ておく事をおススメします)
焼き牡蠣@カキ小屋永光丸

トッピングは相変わらずの「ピザソース&チーズ」は定番ですね。(写真が暗すぎて、モノクロ仕様でのご提供です)
ピザソース&チーズ@カキ小屋永光丸

初のガーリックオニオン味にもチャレンジしましたが、見事に外してしまいました。

おわりに

今回、調味料&おにぎり&ノンアルビールを持ち込みましたので、サイドメニューまで攻める事ができませんでした。

カキ南蛮・海鮮漬丼がメチャ気になりますので、皆様の情報をお待ちしています。

ちなみにお隣のカキ直売所(カキ小屋)「蓑島カキ直売所」は、2019年11月15日オープン予定となっていました。
蓑島カキ直売所 2019年11月15日オープン@蓑島カキ直売所

今日はこれまで。

カキ小屋 永光丸の店舗情報

カキ小屋 永光丸(えいこうまる)
〒824-0011 福岡県行橋市大字蓑島470-5
電話番号:080-6633-0022
2019年冬期営業:2019年11月09日~2020年04月初旬頃
営業時間:10:00~18:00(O.S.17:30)
定休日:12/30
駐車場:完備
トイレ:洋式便座を完備
店舗外観@カキ小屋永光丸